過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第24498問」を出題

問題

[ 設定等 ]
セルフヘルプグループに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
専門家の援助を基本とする。
   2 .
本人たちの相互援助を重視する。
   3 .
法人格の取得を原則とする。
   4 .
共同生活を基本とする。
   5 .
匿名性を徹底する。
( 第18回(平成27年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健の課題と支援 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
8
評価しない
正解は2です。

セルフヘルプグループは、同じ疾病や障害をもつ人、またはその家族が、仲間として自主的に活動を行うグループです。同じような苦しみや悩み、抱えている問題を分かち合い、互いに理解し助け合って、解決を目指して行きます。

1:当事者同士の自助を特徴としますので、専門家は、側面からの援助が役割となります。従って、誤りです。

2:本人たちの相互援助を基本としますので、正解です。

3:セルフヘルプグループは、公的な制度のもとで活動するものではないので、法人格の取得は必須ではありませんので、誤りです。

4:共同生活という形で行われるセルフヘルプグループもありますが、全てのセルフヘルプグループで原則とはなっておらず、誤りです。

5:匿名性を徹底するセルフヘルプグループは多数ありますが、全てのセルフヘルプグループで原則となっているわけではありませんので、誤りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
正解は2です。

1.セルフヘルプグループでは、専門家の援助は側面的であり、基本とするものではありません。

2.セルフヘルプグループは、本人たちの相互援助を重視します。

3.セルフヘルプグループについて、法人格の有無は関係ありません。

4.セルフヘルプグループは、共同生活が基本ではありません。共同生活をしていないセルフヘルプグループも多くあります。

5.セルフヘルプグループは、匿名性が基本ではありません。匿名性でないセルフヘルプグループも多くあります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
 正解は2です。

セルフヘルプグループとは、自助グループ、当事者組織などで、病気、障害、依存など同じ状況にある人や家族が、相互に援助しあうために組織し運営をするグループのことをさします。

1.専門家は側面的な支援となり、援助を基本とはしていません。

2.本人たちの相互援助を重視します。

3.法人格の取得は原則ではありません。

4.共同生活は基本ではありません。

5.メンバーの匿名性が重視されているグループは多いですが、徹底することは義務づけられていません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。