過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第24584問」を出題

問題

[ 設定等 ]
貧困・所得格差に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
OECDにおける相対的貧困率は、等価可処分所得の平均値の50%未満の所得層が全人口に占める比率を指す。
   2 .
ジニ係数の値が1に近いほど、所得格差は小さい。
   3 .
平均所得の実質額が低下し、ジニ係数の値が上昇すれば、社会の構成員の満足の総和は上がる。
   4 .
「平成25年国民生活基礎調査」(厚生労働省)によると、「子どもがいる現役世帯」のうち、「大人が一人」の世帯員では、相対的貧困率は50%を超える。
   5 .
「平成25年国民生活基礎調査」(厚生労働省)によると、1997年(平成9年)以降、相対的貧困線の実質値は一貫して上昇している。
( 第18回(平成27年度) 精神保健福祉士国家試験 現代社会と福祉 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
7
評価しない
正解は4です。

1:OECD(経済協力開発機構)における相対的貧困率
は、等価可処分所得が全人口の中央値の50%未満の世帯員を相対的貧困者としています。平均値ではなく中央値の半分を下回っている人の割合です。よって誤りです。
等価可処分所得とは、世帯の可処分所得(収入の総額から税金や社会保険料を差し引いた手取り収入)を世帯人数の平方根で割って算出します。

2:ジニ係数とは、所得や資産の格差をはかる尺度の一つです。0から1までの値をとり、平等であれば0に近づき不平等であれば1に近づきます。所得格差が小さいと0に近づきますので誤りです。

3:平均所得の実質額の低下は、社会全体で使える所得の減少を意味します。そのため社会全体の満足度は低下します。またジニ係数の上昇は、格差の広がりを示し、貧困層の満足度のさらなる低下が起こります。よって誤りです。

4:「平成25年国民生活基礎調査」(厚生労働省)によると、「子どもがいる現役世帯」のうち、「大人が一人」の世帯員での相対的貧困率は、平成24年で54.6%です。昭和60年から平成24年まで貧困率の年次推移のデータ(3年おきの実施)をみても、すべて50%を超えています。よって正解です。

5:「平成25年国民生活基礎調査」(厚生労働省)によると、1997年(平成9年)の相対的貧困線の実質値は130万円で、その後はずっと低下しており2012年(平成24年)は111万円です。よって誤りです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は4です。

1.相対的貧困率は、等価可処分所得の平均値ではなく、中央値で測られます。

2.ジニ係数の値は、1に近いほど所得格差が大きく、0に近いほど小さくなります。

3.ジニ係数の値が上昇すれば、所得格差が広がります。平均所得の実質額が低下している状況では、格差に不満を持つ人が増えると予想されますので、社会の構成員の満足の総和は下がるといえます。

4.「平成25年国民生活基礎調査」によると、「子どもがいる現役世帯」のうち、「大人が一人」の世帯員では、相対的貧困率は平成24年で54.6%と50%を超えています。なお「平成28年国民生活基礎調査」の平成27年の値においても50.8%と50%を超えています。

5.「平成25年国民生活基礎調査」によると、1997年(平成9年)以降、相対的貧困線の実質値は一貫して減少しています。なお「平成28年国民生活基礎調査」では、平成27年の実質値は確認できませんが、名目値は平成24年と同じ値になっており、減少傾向に変化が見られます。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は4です。

1→相対的貧困率とは、等価可処分所得の中央値の50%未満の所得層が全人口に占める比率のことをいいます。

2→ジニ係数は、社会における所得分配の不平等さを測る指標のことです。1に近づくほど所得格差が拡大していることを示します。

3→ジニ係数の値が上昇することで、社会の構成員の満足の総和が上がることに結び付くとは限りません。

4→ 「平成25年国民生活基礎調査」(厚生労働省)によると、「子どもがいる現役世帯」のうち、「大人が一人」の世帯員では、相対的貧困率は50%を超えています。

5→「平成25年国民生活基礎調査」(厚生労働省)によると、1997年(平成9年)以降、相対的貧困線の実質値は減少していっています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。