過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第24618問」を出題

問題

[ 設定等 ]
「障害者総合支援法」における都道府県の役割に関する次の記述のうち、正しいものを2つ選びなさい。
   1 .
自立支援医療の更生医療を実施する。
   2 .
指定特定相談支援事業者の指定を行う。
   3 .
サービス管理責任者研修事業を行う。
   4 .
介護給付費等の支給決定を行う。
   5 .
障害福祉計画を策定する。
( 第18回(平成27年度) 精神保健福祉士国家試験 障害者に対する支援と障害者自立支援制度 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
5
評価しない
正解は3と5です。

1.自立支援医療の更生医療を実施するのは市町村です。

2.指定特定相談支援事業者の指定を行うのは市町村です。

3.サービス管理責任者研修事業を行うのは都道府県です。

4.介護給付費等の支給決定を行うのは市町村です。

5.障害福祉計画を策定するのは都道府県です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
正解は3と5です。

1:自立支援医療の更生医療を実施するのは、市町村です。よって誤りです。
更生医療は、手術等の治療により身体障害の障害を除去・軽減する効果が確実に期待できるものに対し、更生に必要な医療費が支給されます。

2:指定特定相談支援事業者の指定を行うのは、市町村ですので誤りです。
指定特定相談支援事業者は、市町村より指定を受け計画相談支援を実施します。計画相談支援では、居宅介護、就労支援、行動援護、自立訓練、施設入所支援、などの障害福祉サービスを利用するために必要な受給者証の申請や更新についてサービス等利用計画作成をします。さらに、障害福祉サービスの利用者から聞き取りをし、利用先の事業所より情報を得て、計画の見直しも行います。(モニタリング)

3:サービス管理責任者研修事業は、都道府県が行う地域生活支援事業の1つです。よって正解です。

4:介護給付費等の支給決定は、市町村が行います。よって誤りです。

5:障害福祉計画の策定は都道府県で行われますので正解です。
障害福祉計画の策定は、市町村でも行われます。障害者総合支援法を根拠法とし、都道府県、市町村ともに策定義務があります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は3,5です。

1→自立支援医療の更生医療を実施するのは市町村の役割です。

2→ 指定特定相談支援事業者の指定を行うのは市町村の役割です。

3→ サービス管理責任者研修事業を行うのは都道府県の役割です。

4→介護給付費等の支給決定を行うのは市町村の役割です。

5→ 障害福祉計画は都道府県も、市町村も策定します。よって都道府県の役割のひとつです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。