精神保健福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

精神保健福祉士の過去問 第24632問 出題

問題

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
作業療法士の行う作業療法は、身体又は精神に障害のある者を対象としている。
 2 . 
理学療法士は、診療の補助に該当しない範囲の業務を行うときであっても、医師の指示が必要とされている。
 3 . 
理学療法士の行う理学療法の対象者は、障害支援区分の認定、若しくは要介護認定を受けていることが条件とされている。
 4 . 
言語聴覚士は、業務独占の国家資格である。
 5 . 
理学療法士、作業療法士の配置が必要とされるのは、病院、診療所に限られる。

この精神保健福祉士 過去問の解説(1件)

評価する
0
評価しない
正解は1です。

1.作業療法士の行う作業療法は、身体や精神に障害のある者を対象としています。

2.平成25年11月27日の厚生労働省医政局通知にて、介護予防事業等において、理学療法士は医師の指示がなくとも、診療の補助に該当しない範囲の業務を行ってよいことになりました。

3.障害支援区分の認定や要介護認定を受けているかどうかは、理学療法の対象者の条件に関係ありません。

4.言語聴覚士は、業務独占ではなく、名称独占の国家資格です。

5.理学療法士、作業療法士は、病院、診療所以外にも、介護施設などさまざまな場所で必要とされています。
評価後のアイコン
2017/09/21 19:26
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。