過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第25689問」を出題

問題

[ 設定等 ]
「平成27年版自殺対策白書」(内閣府)に基づく自殺に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
自殺死亡率は米国、英国と比べ低い。
   2 .
自殺者数は40歳代から60歳代の男性で全体の4割近くを占める。
   3 .
自殺は20歳から39歳までの死因の第2位である。
   4 .
自殺者数でみると自殺の原因・動機としては経済・生活問題が最も多い。
   5 .
自殺者数は1998年(平成10年)から2014年(平成26年)まで年間3万人を超えている。
( 第19回(平成28年度) 精神保健福祉士国家試験 精神疾患とその治療 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
31
評価しない
正解は2です。

1.「平成27年版自殺対策白書」において、日本の自殺死亡率は18.2%で、米国11.0%、英国6.0%と比べて高くなっています。「平成29年版自殺対策白書」においても、日本19.5%、米国13.4%、英国7.5%と同じです。

2.「平成27年版自殺対策白書」において、自殺者数は40歳代から60歳代の男性で全体の約4割近くを占めています(実際の数値は35.7%ですが、4割近くを占めているという記述が白書にあります)。「平成29年版自殺対策白書」においても、35.8%と傾向は同じです。

3.「平成27年版自殺対策白書」において、自殺は20歳から39歳までの死因の第1位です。「平成29年版自殺対策白書」においても同じです。

4.「平成27年版自殺対策白書」において、最も多い自殺の原因・動機は健康問題です。「平成29年版自殺対策白書」においても同じです。

5.自殺者数は2012年(平成24年)以降、「平成29年版自殺対策白書」で公開されている2016年(平成28年)まで、年間3万人を下回っています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解は2になります。
平成27年版自殺対策白書では、自殺者数の全体の4割近くが40歳代から60歳代の男性となっています。

1 日本の自殺死亡率は米国、英国に比べて「高く」なっています。WHOの資料(2009年)によると、自殺死亡率の国際比較において、日本は世界において6番目の高さです。

3 平成29年版自殺対策白書において、自殺は20歳から39歳までの死因の第1位です。

4 自殺の原因・動機としては「健康問題」が最も多くなっています。

5 自殺者数は1998(平成10)年に急増し、14年連続で3万人を超えていましたが、2012(平成24)年から2016(平成28)年まで5年連続で、3万人を下回りました。

評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1、最も多いのが日本で、米国、英国の順に少なくなっていってます。

2、40歳代から60歳代の男性の自殺者数で、全体の35.8%を占めています。

3、20歳から39歳までの死因は、自殺が最も多くなっています。

4、自殺の原因で最も多いのが健康問題で、次いで、経済・生活問題となっています。

5、平成23年までは3万人を超えていましたが、平成24年に3万人を下回り、それ以降3万人を下回っています。

以上から、正解は2です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。