過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第25695問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次のうち、質問紙法による心理検査として、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
ロールシャッハテスト
   2 .
ベンダーゲシュタルト検査
   3 .
バウムテスト
   4 .
MMPI(ミネソタ多面人格テスト)
   5 .
改訂長谷川式簡易知能評価スケール
( 第19回(平成28年度) 精神保健福祉士国家試験 精神疾患とその治療 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
20
評価しない
正解は4です。

1.ロールシャッハテストは、投影法による心理検査です。

2.ベンダーゲシュタルト検査は、図形の模写を通じて作業能力を評価する検査です。

3.バウムテストは、投影法による心理検査です。

4.MMPI(ミネソタ多面人格テスト)は、質問紙法による心理検査です。

5.改訂長谷川式簡易知能評価スケールは、口頭で行う簡易知能検査です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は4になります。
MMPI(ミネソタ多面人格テスト)は550項目からなる質問で、自己評定を行う質問紙法による心理検査です。

1 ロールシャッハテストはインクの染みを提示し、何を連想するかという認知様式から人格を把握する投影法の心理検査です。

2 ベンダーゲシュタルト検査は図形の模写をさせて、その形状から作業能力を評価する検査です。

3 バウムテストは1本の木を描いてもらい、心理状態を検査する投影法の心理検査です。

5 改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDSーR)は日時や場所、数唱などの質問に口頭で答える簡易知能検査です。認知症の疑いがある高齢者をスクリーニングするために使われることが多いです。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1、ロールシャッハテストは、投影法を用いた性格検査です。
 10種類の画像を見てもらい、それについて話してもらうことによって、性格の特性を図る検査です。

2、ベンダーゲシュタルト検査は、図形を見てその形を書き写すことによって、知覚技能や知覚発達を調べる検査です。

3、バウムテストは、画描法による検査で、1本の木を書いてもらうことによって、心の内面を図る検査です。

4、MMPIは、質問紙法による心理検査で、26のカテゴリー、550問の質問項目からなります。臨床尺度や妥当性尺度から客観的尺度を判断するものです。

5、改訂長谷川式簡易知能評価スケールは、口頭による質問を通して、認知症のスクリーニングをする目的で行われることが多い検査です。

以上から、正解は4です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。