過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第25697問」を出題

問題

次のうち、認知療法の用語として、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
転移
 2 . 
催眠
 3 . 
自動思考
 4 . 
絶対臥褥
 5 . 
自由連想
( 第19回(平成28年度) 精神保健福祉士国家試験 精神疾患とその治療 )

この過去問の解説(2件)

評価する
10
評価しない
正解は3です。

1.転移とは、クライエントが支援者に向けて個人的な感情等を持つことをいいます。フロイトの精神分析に基づく心理療法の用語です。認知療法の用語ではありません。

2.催眠は、催眠療法で用いられます。認知療法では用いられません。

3.認知療法は、考え方や認知のクセともいえる自動思考に気づき、対処していくものです。自動思考は認知療法の用語として正しいです。

4.絶対臥褥(ぜったいがじょく)は、森田療法で用いられる用語で、一定期間個室で一切何もせずに横になっている期間を指します。認知療法の用語ではありません。

5.自由連想は、フロイトの精神分析に基づいた自由連想法で用いられる用語です。認知療法は、一定のテーマを決めてその事に対する考え方を分析していくもので、自由に連想するというものではありません。
評価後のアイコン
2017/09/27 07:27
ID : zvpsuvyxmd
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
正解は3になります。
認知(行動)療法は物事に対する受け止め方において、自動思考として生じる否定的な認知のパターンを修正していく治療法です。

1 転移とは、クライエントが本来重要な人物に対して向けるべき感情を、セラピストに向かって再体験することです。精神分析療法において、患者の心に浮かんだ連想から分析していく過程のなかで、フロイトが提唱した概念です。

2 催眠とは催眠療法の際に起こる意識が変容した状態のことをいいます。認知療法では催眠は使用されません。

4 絶対臥褥は森田正馬によって考案された森田療法に関連するワードです。森田療法では主に神経症に対して、絶対臥褥、軽・中・重の作業を通して、自らの心的態度の改善を目指します。

5 自由連想とはフロイトの自由連想法に関連するワードです。クライアントは言葉を与えられ、自由に連想していく過程から、抑圧されている心理状態を解明しようとする精神分析法です。
評価後のアイコン
2018/10/04 14:37
ID : nqyfwothcg
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。