過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第25712問」を出題

問題

精神保健福祉士が関わる活動に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
従業員支援プログラム(EAP)は、従業員の心の健康への配慮を行い、生産性を高めるための活動である。
 2 . 
アルコールリハビリテーションプログラム(ARP)は、アルコール依存症の離脱症状の出現時に行われる。
 3 . 
個別職業紹介とサポート(IPS)は、職業前評価や訓練を行ってから就労につなげる活動である。
 4 . 
包括型地域生活支援プログラム(ACT)は、多人数の精神保健福祉士で構成されるチームで行う。
 5 . 
専門職連携教育(IPE)は、福祉、保健、医療に関わる各専門職の技術結集による相談援助である。
( 第19回(平成28年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉相談援助の基盤 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
3
評価しない
正解は1です。

1.従業員支援プログラム(EAP)は、従業員の心の健康への配慮を行い、生産性を高めるための活動です。

2.アルコールリハビリテーションプログラム(ARP)は、離脱症状の出現時だけでなく、平時も含めてアルコール依存症を治療するプログラムです。

3.IPSでは、これまでの職業前評価や訓練を行ってから就労につなげる方法よりも、早く現場に出て仕事に慣れるやり方を重視します。

4.包括型地域生活支援プログラム(ACT)は、多くの職種で構成されるチームです。精神保健福祉士もチームに入りますが、通常多人数となることはありません。

5.専門職連携教育(IPE)は、各専門職が連携して学ぶことです。相談援助ではありません。
評価後のアイコン
2017/10/06 07:24
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
〇1 . 従業員支援プログラム(EAP)は、従業員の心の健康への配慮を行い、生産性を高めるための活動です。アメリカで発達し、イギリスやアジアに広まりました。

×2 . アルコールリハビリテーションプログラム(ARP)は、アルコール依存症の人が入院治療してアルコールを断つためのプログラムです。離脱症状が出た時の処置やリハビリというわけではありません。

×3 . 個別職業紹介とサポート(IPS)は、本人の働きたい意欲を重視し、臨床と職業サービスを統合した就労支援として1980年代にアメリカで開発されました。
職業前評価や訓練を行ってから就労につなげる活動は職能訓練プログラムです。

×4 . 包括型地域生活支援プログラム(ACT)は、重い精神障害を抱えた人が住み慣れた地域で安心して暮らしていけるためのプログラムです。精神保健福祉士のみではなく、様々な職種の専門家から構成されるチームです。

×5 . 専門職連携教育(IPE)は、福祉、保健、医療に関わる各専門職が互いに学び合うことです。相談援助活動などではありません。
評価後のアイコン
2018/06/19 20:28
ID : xjyawcqh
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。