過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第25739問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の事例を読んで、問いに答えなさい。

〔事 例〕
P市の保健福祉センターに勤務するJ精神保健福祉相談員(精神保健福祉士)の下に、Kさん(18歳、男性)の母親が相談に訪れた。一人息子のKさんが大学に入学したものの、「大学に行く気になれない」と言って自室にひきこもるようになったという。母親が大学に行くように言っても、Kさんは、「構わないでほしい」と言うばかりで、何度も言うとイライラして声を荒げるため、らちが明かない。父親は、「お前が甘やかして育てたから、弱い性格になってしまった。放っておけばよい」と言うので、夫婦で言い合いが繰り返された。母親は相談できる相手もいなく途方に暮れていたところ、たまたまP市の広報で精神保健相談について知ったという。母親によると、Kさんは元々人との交流が苦手で友達は少なく、家で読書をして過ごすことが多かった。中学生の頃には同級生にいじめられたと言って登校できない時期があった。今回は大学を休み始めた直後、「初日のガイダンスの時、どの教職員も自分の方だけを見て話をした。教職員と学生が話し合っている内容や素振りから、みんなが共謀して自分のことを監視していることが分かる」と話した。こうしたことから、母親はKさんがこのまま大学に行けなくなるのではないかと、とても心配し、最近は夜もよく眠れないほどであるという。
(※1)

J精神保健福祉相談員は母親からさらに詳しく事情を聞いた上で、今後の対応について提案を行った。
(※2)

その翌日の午後、母親からJ精神保健福祉相談員に電話があった。「私が昨日保健福祉センターに相談に行ったことを息子が知り、『自分のことを相談するなんて聞いていなかった。どんな相談をしたのか』と強く聞いてくるのです。私はうまく答えられなくて困ってしまったので電話しました。今、息子が私のそばにいるので直接話してほしい」と依頼された。
(※3)


(※3)の場面でのJ精神保健福祉相談員の最初の対応として、適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
Kさんと電話口で直接話すことは控え、母親に、「相談内容はお母さんから隠さずに伝えることが大切です」とアドバイスする。
   2 .
Kさんに電話を代わってもらい、「お答えするには、個人情報保護の観点から、手続きをとる必要があります」と話し、手続きの方法を伝える。
   3 .
Kさんに電話を代わってもらい、「あなたの承諾なく、あなたのことに関してお母さんから相談を受けましたが、不適切でした」とわびる。
   4 .
Kさんに電話を代わってもらい、母親と話した内容には触れず、「あなたのことが心配なので一度お会いしたい」と面会を希望する。
   5 .
Kさんに電話を代わってもらい、「あなたのことも含め、お母さんのいろいろな心配事について相談に乗りました」と回答する。
( 第19回(平成28年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉の理論と相談援助の展開 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
10
評価しない
正解は5です。

1.母親がうまく答えられなくて困っているという状況もあり、母親に直接話すように伝えることは適切とはいえません。

2.Kさんが母親のそばにいて本人であることが明らかであることや、この時点では、詳細なやりとりの記録を開示するように求められているわけではないため、個人情報保護の手続きを要請することは適切な対応とはいえません。

3.この時点では、KさんからJ精神保健福祉相談員に苦情を言われているわけではないので、積極的にわびる必要はありません。

4.Kさんは「母親がどんな相談をしたのか」について知りたがっています。母親と話した内容に触れない対応は適切とはいえません。

5.母親、本人ともに配慮しながら、個人情報に踏み込まない形で、事実を適切に伝えています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
×1 . 今後のことも含め、Kさんとむしろ直接会話をしておくことが望ましいです。母親に電話内容を包み隠さず伝えてもらうことは、また、母親側からの伝聞内容が変わってしまうこともあるだろうし、隠すべきことときちんと話した方がいいこととあり、感情的にもなりやすいので、不適切です。

× 2 . KさんはJ相談員に情報の開示を求めているわけではありません。現在、不適応の状態であるKさんに個人情報の手続きなどを勧めるのは不適切です。

× 3 .Kさんにとっては、本人の承諾なく相談されたことは不安や憤りを感じることはあるかも知れないが、相談を受けたことは悪いことではないので、謝罪の必要はないです。また、そこで「不適切」と謝ってしまうのは母親に対してもマイナスになります。

× 4 .一方的にただ本人に対して相談を勧めるべきではなく、本人の疑問に可能な限り誠実に答えていくステップを踏むことが大切です。本人が電話に出てきたことも、機会としてとらえ、ラポールの形成や情報収集にじっくりつなげて行くことが望ましいです。

○ 5 .現在、問題を感じて相談に来た母親の不安な気持ちをねぎらい、また具体的な相談内容に触れず、誰の問題ということに限らないというかたちで、今後につなげて行くためには、よい答え方です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。