過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第25743問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の事例を読んで、問いに答えなさい。

〔事 例〕
A精神保健福祉士がキャンパスソーシャルワーカーとして勤務するZ大学の地域で、震度6強の地震が発生した。Z大学の構内には大きな被害がなく、地震発生当日から出勤可能な教職員による建造物の確認や、学生への連絡が始まった。A精神保健福祉士も出勤可能であったため、日頃から相談を受けていた学生たちに連絡を取った。
(※1)

地震発生後1週間で大学は再開し、A精神保健福祉士の所属する学生支援センターでは、学生の長期的支援の必要性からメンタルサポートチームを立ち上げた。チームはA精神保健福祉士に加え、大学に籍を置く医師(精神科医)、保健師、臨床心理士がメンバーとなり、活動を開始した。
(※2)

その後、A精神保健福祉士は、地震前から欠席が多く、これまで支援してきたBさん(19歳、男性)に連絡を取った。今回の地震によりBさんと両親の住む自宅は半壊し、避難所に家族と一緒に身を寄せていた。面談はBさんと母親の希望もあり、避難所の空きスペースを使い、両親同席のもと行われた。Bさんはやや疲れた様子であったが、現状を丁寧に話した。面談の中で、父親が被災前からうつ病を患っていたことが分かった。父親は職場の上司によるパワーハラスメントから病気を発症し、入院、休職した。退院後は通院し、服薬を継続していた。ところが今回の地震により、通院先だけでなく近隣の病院も被災し、医療が受けられず、薬が手に入らない状況である。Bさんと母親は、最近眠れずに表情も乏しい父親を心配していた。父親は、「もうだめだ」「何も考えられない」とA精神保健福祉士に言った。
(※3)


(※1)の時点のA精神保健福祉士による対応として、適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
近隣のボランティアセンターで、ボランティア登録を行うよう促す。
   2 .
防災計画を立案するため、被災時の状況について質問する。
   3 .
不安や悲嘆感情を引き出しつつ、吐露できるようにする。
   4 .
安全な生活環境を確保できているかを確認する。
   5 .
地震により諸症状が悪化するため、カウンセリングを勧める。
( 第19回(平成28年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉の理論と相談援助の展開 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
10
評価しない
正解は4です。

地震発生直後のこの段階では、まず関係者の安否確認や安全な生活環境を確保できているかを確認することが先決です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
×1 .まずは本人や家族の安全を確保するのが先です。

×2 .防災計画を立案するのは、災害が起きている非常事態にすることではありません。また、被災時の状況について質問するのも非常事態なので良しあしです。

×3 .当日で多数の学生について確認していくので、感情を引き出しながら対応していく余裕はないであろうし、また現在の危機的な状況に対応するためには、感情の吐露をさせることが適切でない場合もあります。 

○ 4 .まずは、安全な生活環境を確保できているかを確認します。危険な状況下にあれば、可能な限り適宜助言を行います。

× 5 . 地震による悪化するかどうかは人によって違います。また、継続的なカウンセリングを今後受けられる体制を作れるかまだ分からないし、一概に言えないことです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。