過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第25818問」を出題

問題

[ 設定等 ]
「平成25年度社会保障費用統計」(国立社会保障・人口問題研究所)の内容に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
社会保障給付費の対国内総生産比は20%を超えている。
   2 .
政策分野別社会支出の構成割合が最も高いのは、「家族」に対する支出である。
   3 .
政策分野別社会支出のうち、「住宅」支出の構成割合は10%を超えている。
   4 .
部門別社会保障給付費の対国内総生産比をみると、「医療」が最も高い。
   5 .
社会保障財源をみると、公費負担の割合が最も高い。
( 第19回(平成28年度) 精神保健福祉士国家試験 社会保障 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
6
評価しない
正解は1です。

1.社会保障給付費の対国内総生産比は20%を超えています。

2.政策分野別社会支出の構成割合が最も高いのは、「高齢」に対する支出です。

3.政策分野別社会支出のうち、「住宅」支出の構成割合は0.5%です。

4.部門別社会保障給付費の対国内総生産比をみると、「年金」が最も高くなっています。

5.社会保障財源をみると、社会保険料の割合が最も高くなっています。

平成25年度社会保障費用統計のほか、平成26年度社会保障費用統計、平成27年度社会保障費用統計でも同じ傾向となっています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1.正しい。対GDP比は約22%で20%を超えています。

2.誤り。政策分野別社会支出は高齢・保健・遺族・家族の順になっています。

3.誤り。住宅の支出割合は0.5%です。

4.誤り。年金・医療の順になっています。

5.誤り。社会保険財源は保険料・国庫・地方負担の順になっています。

以上により選択肢1が正解となります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正答【1】

「平成25年度社会保障費用統計」参照
http://www.ipss.go.jp/ss-cost/j/fsss-h25/H25.pdf

1.正答
社会保障給付費の対国内総生産比は22.91%であり、20%を超えています。

(P5 表2 社会保障費用の対国内総生産比および対国民所得比)


2.誤答 
政策分野別社会支出の構成割合が最も高いのは、
高齢(47.9%)、保健(33%)、遺族(5.9%)、 家族(5.3%)で4番目となっています。

(P9.図3 政策分野別社会支出の構成割合の国際比較(2011年度))


3.誤答  。
政策分野別社会支出の9分野のうち、住宅は0.5%と最も少ない割合になっています。

(P9.図3 政策分野別社会支出の構成割合の国際比較(2011年度))


4.誤答 
部門別社会保障給付費の対国内総生産比をみると、最も多いのが、年金(11.30%)、次いで医療(7.32%)、福祉その他(4.28%)となり最も多いのは年金です。

(P10 表8  部門別社会保障給付費の対国内総生産比(対国民所得比))


5.誤答 
2013年度の社会保障財源の総額は127兆594億円であり、対前年度増加率は0.0%の減少でした。
項目別割合をみると、社会保険料が49.6%、公費負担が33.9%、他の収入が16.6%となっています。
(P14 参照)
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。