過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第25822問」を出題

問題

[ 設定等 ]
事例を読んで、Dさんの保険給付に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

〔事例〕
健康保険の被保険者であるDさんは、勤務先の業務がない日に自動車の運転を誤って電柱に衝突し、骨折したため病院に入院し、翌日から会社を休んだ。
   1 .
Dさんには労働者災害補償保険から休業補償給付が支給される。
   2 .
Dさんの骨折の治療には自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)が適用される。
   3 .
Dさんには、雇用保険から基本手当が支給される。
   4 .
Dさんが協会けんぽ(全国健康保険協会管掌健康保険)の被保険者である場合、健康保険の傷病手当金は、受給できない。
   5 .
Dさんが二日間入院して退院し、その翌日から休業せずに勤務を続けた場合、健康保険の傷病手当金は支給されない。
( 第19回(平成28年度) 精神保健福祉士国家試験 社会保障 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
5
評価しない
正解は5です。

1.業務がない日の傷病は、労働者災害補償保険の対象となりません。

2.自賠責保険は他人に対する保険のため、自身の傷病については保険適用されません。

3.雇用保険は失職時の保険であるため、基本手当は支給されません。

4.協会けんぽの被保険者であっても、条件を満たせば傷病手当金は受給できます。

5.傷病手当金は4日以上労務につけないときに支給されます。3日目から勤務を続けた場合には傷病手当金は支給されません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は5になります。
傷病手当金は、病気や怪我のため4日以上業務ができず、報酬が支給されないときに給付されます。このDさんの場合は4日以内に職場復帰しているので、健康保険の傷病手当金は支給されません。

1 Dさんは勤務先の業務がない日に骨折をしているので、労働者災害補償保険の対象外です。

2 自動車損害賠償責任保険は、自動車事故によって他人の身体に損害を与えた場合に支払われる保険なので、Dさんの骨折の治療には適用されません。

3 雇用保険は離職時に対象となるので、今回のケースとは異なります。

4 協会けんぽ(全国健康保険協会管掌健康保険)の被保険者であっても条件に合致する場合は、健康保険の傷病手当金を受給することができます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。