過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第25842問」を出題

問題

事例を読んで、この時点において、Jさんに対する医療ソーシャルワーカー(社会福祉士)が行う支援として、最も適切なものを1つ選びなさい。

〔事例〕
Jさん(40歳、女性)は正社員で、病院で重症筋無力症の初期(重症度Ⅰ)と診断された。現在の症状はごく軽度で仕事に支障はないが、医師からは、進行性疾患なので、今後のことを院内の医療福祉相談室で相談するよう勧められた。Jさんは、医療ソーシャルワーカーに今後も今の仕事を継続したいと話した。
 1 . 
傷病手当金の申請手続きを勧める。
 2 . 
介護保険制度の要介護認定の手続きを開始する。
 3 . 
職場環境や仕事内容を考慮して療養を支援する。
 4 . 
身体障害者手帳取得の手続きを開始する。
 5 . 
公共職業安定所(ハローワーク)で転職先を探すよう助言する。
( 第19回(平成28年度) 精神保健福祉士国家試験 保健医療サービス )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(1件)

評価する
0
評価しない
正解は3です。

1.傷病手当金は就労ができなくなったときに申請するものです。現時点で仕事は継続できると考えられるため、申請手続きを勧めるのは適切ではありません。

2.Jさんは40歳で第2号の被保険者となりえるものの、重症筋無力症は特定疾患に指定されていないため、介護保険制度の認定を受けることはできません。

3.Jさんは進行性の疾患と診断されたものの、現時点では症状はごく軽度で仕事に支障はなく、Jさんも今の仕事を継続したいと話しています。そのため、職場環境や仕事内容を考慮して療養を支援することが最も適切です。

4.Jさんの症状は現時点ではごく軽度ということですので、現時点で手帳の取得ができるかどうかは不透明です。この時点では、職場環境や仕事内容を考慮して療養を支援することの方が適切です。

5.Jさんは今の仕事を継続したいと話しています。そのため転職先を探すように助言することは適切ではありません。
評価後のアイコン
2017/12/17 08:45
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。