過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第33614問」を出題

問題

[ 設定等 ]
日本の裁判員制度に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
裁判員制度は、一般市民の側からの要求に基づいて導入された。
   2 .
裁判員制度の導入により、刑期が軽い方向へシフトしている。
   3 .
裁判員を経験した人へのアンケート調査の結果では、あまりよい経験でなかったと感じている人が多い。
   4 .
裁判員制度は、司法に対する国民の理解の増進とその信頼の向上に資することを趣旨としている。
   5 .
裁判員制度は、近代の自律的法としての普遍性を高めることを目的としている。
( 第20回(平成29年度) 精神保健福祉士国家試験 社会理論と社会システム )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
8
評価しない
正答は「4」です。

1. 裁判員制度は、内閣の司法制度改革審議会が提出した意見書により、2004(平成16)年に導入されました。

2. 設問とは逆で、刑期は求刑よりも重い判決にシフトしています。これは、犯罪の内容をモニタなどで見せられることで残虐性を痛感するためや、過去の判例と照らして相対的に判断することができないためなどの原因が指摘されています。

3. アンケートによると裁判に参加した方の97.5%が「非常によい経験」、または「よい経験」と回答しています。

4. 正解です。裁判員法(裁判員の参加する刑事裁判に関する法律)に趣旨として明記されています。

5. セルズニックの法の3類型に関する設問です。セルズニックは下記の3つに法を分類しました。
① 抑圧的法:支配者が被支配者を抑圧するための法。
② 自律的法:法は政治と切り離され、全ての人が等しく従うべき体系的なものである。
③ 応答的法:より柔軟で可塑的な法。法は社会の目的を達するための道具。
裁判員制度は③の応答的法に分類されます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は4です。
2004年5月に『裁判員の参加する刑事裁判に関する法律』が成立し、2009年5月から始まった裁判員制度。国民が刑事裁判に参加することで裁判が身近でわかりやすいものとなり、司法に対する国民の信頼が向上することが期待されています。

その他の選択肢については、以下のとおりです。

1.裁判員制度は、内閣に設置された『司法制度改革審議会』がまとめた意見書に基づいて導入されました。

2.裁判員制度の導入により、刑期は重い方向へとシフトしています。これは、「国民としての感情・感覚が量刑に影響している」「経験値が少ないため、過去の事例と比較して判断できない」といった理由によるものと考えられています。

3.2017年3月に最高裁判所が発行した『裁判員等経験者に対するアンケート 調査結果報告書(平成28年度)』によると、96.7%の人が裁判員として裁判に参加して「非常によい経験と感じた」または「よい経験と感じた」と回答しています。

5.ノネとセルズニックの『法の3類型』の話です。
裁判員制度はその中でも、普遍性を維持しつつも社会の要請に応えるため、より柔軟な運用を可能にする『応答的法』に分類されます。そのほか、独裁権利者が支配する『抑圧的法』、法が政治から切り離され、全員が等しく従うべき普遍的ルールとして定められた『自律的法』が挙げられます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。