過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第33722問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次のうち、支援過程においてジェノグラムを作成する目的として、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
家族や親族の関係や世代間関係の把握
   2 .
家族の各成員間の情緒的結び付きや力関係などの状況の把握
   3 .
家族や家族を取り巻く人々と諸機関との関係の把握
   4 .
家族の個々人が所属する集団の人間関係や構造の把握
   5 .
家族の職業や生活歴及び病歴などの個人情報の把握
( 第20回(平成29年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉の理論と相談援助の展開 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
7
評価しない
正答は「1」です。

1. 正解です。ジェノグラムは家族関係図とも言われ、家族同士の世代関係や構成員を視覚的に把握できるように図式化するものです。

2. 家族間の関係については、エコマップに表記します。エコマップは、当事者と、家族を含めた関係者との人間関係など、当事者の生活環境を図式化して捉えやすくしたものです。

3. 家族や諸機関との関係についてはエコマップに表記します。

4. 家族の個々人が所属する集団の人間関係については、治療に有効と考えられる場合には、把握して、当事者の置かれた環境の一部としてエコマップに表記することも考えられますが、ジェノグラムには通常表記しません。

5. 家族の病歴などについては、当事者の治療に有効と考えられる場合には、アセスメントシート等に表記しますが、ジェノグラムには通常表記しません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は1です。

1.家族や親族の関係や世代間関係の把握をするためにジェノグラムを作成することは最も適切です。

2.家族の各成員間の情緒的結び付きや力関係などの状況の把握をするときは、ファミリーマップが使われます。

3.家族や家族を取り巻く人々と諸機関との関係の把握をするときは、エコマップが使われます。

4.家族の個々人が所属する集団の人間関係や構造の把握をするときは、ソシオグラムが使われます。

5.家族の職業や生活歴及び病歴などの個人情報の把握には図は適していません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。