過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第33724問」を出題

問題

[ 設定等 ]
精神科病院の医療相談室に勤務しているL精神保健福祉士の下に、P市に住むMさんが相談に訪れた。「同居している30歳の弟が3か月前から家に引き籠り、私には見えない誰かと対話し、興奮して壁を蹴るなどの行動がある。入院が必要ではないかと思うが、弟はどうしても受診に同意しない」という。Mさんの父は既に亡くなっている。母は認知症に罹患し、現在司法書士が保佐人に選任されている。
Mさんには弟の他、成人した妹が一人いるという。L精神保健福祉士は、受診方法や様々な入院形態について、Mさんに説明した。
次の記述のうち、L精神保健福祉士がMさんに行った説明の中で、弟が医療保護入院になった場合についての説明として、適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
「Mさんが同意者となる場合、家庭裁判所による選任を受ける必要があります」
   2 .
「Mさんの母の保佐人は、同意者となることができます」
   3 .
「移送制度を使って医療保護入院する場合、市長が同意者になります」
   4 .
「Mさんは、同意者とならなくても精神医療審査会に退院請求できます」
   5 .
「同意者が自立支援医療を申請することで、医療費を軽減できます」
( 第20回(平成29年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉の理論と相談援助の展開 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
9
評価しない
正解は4です。

1.Mさんは家族ですので、家族裁判所による選任は必要ありません。

2.母の保佐人は、本人の保佐人ではないため、同意者とはなれません。

3.移送制度は都道府県知事(政令指定都市の長)によって行われます。医療保護入院について家族等の同意がある場合は、市長は同意者になりません。

4.Mさんは家族ですので、同意者とならなくても退院請求が可能です。

5.自立支援医療は、入院は対象外です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正答は「4」です。

医療保護入院制度は2013(平成25)年の精神保健福祉士法改正の大きな改正点です。手続きについてまとめておきましょう。

○対象:入院を必要とする精神障害者で、自傷他害の恐れはないけれど任意入院が難しい者
○入院の要件:精神保健指定医の診察(もしくは特定医師の診察で12時間まで入院させることができます)と、家族等のいずれかの者の同意が必要
※家族等とは、配偶者、父母、祖父母、子、孫、兄弟姉妹、後見人または保佐人を指します。
ただし、家族等がいない、もしくは全員が意思表示できない場合は、居住地の市区町村長の同意により医療保護入院とすることができます。
○精神科病院の管理者の責務:
 ・入院後10日以内に保健所長経由で入院届出を精神医療審査会に提出
 ・退院後生活環境相談員の選任
 ・地域援助事業者との連携
 ・医療保護入院者退院支援委員会での審議
○退院等について:
 ・本人または家族等が都道府県知事に退院請求か処遇改善請求を行い、これを精神医療審査会で審査し、退院・処遇改善が実施されます。

1. 家庭裁判所による選任は必要ありません。

2. 母の保佐人は、本人の保佐人ではないため、「家族等」に含まれません。

3. 市長が同意者になるのは、家族等の全員が意思表示ができない場合です。Mさんが医療保護入院に同意している場合、移送制度を利用しても市長が同意者になることはありません。

4. 正解です。

5. 自立支援医療は精神通院医療のための医療費ですので、医療保護入院は対象ではありません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。