過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第41032問」を出題

問題

[ 設定等 ]
「福祉避難所の確保・運営ガイドライン」(内閣府)に基づく、災害時の福祉ニーズへの対応に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
(注)「要配慮者」とは、高齢者、障害者、乳幼児その他の特に配慮を要する者をいう。
   1 .
福祉避難所に避難してきた「要配慮者」は、原則として病院に移送する。
   2 .
福祉避難所には、ボランティアを配置せず、専門的人材を配置することとされている。
   3 .
「要配慮者」への在宅福祉サービスの提供は、福祉避難所への避難中は停止する。
   4 .
福祉避難所は、一般の避難所と同じ敷地内に開設することが必要とされている。
   5 .
福祉避難所での速やかな対応を実現するために、平常時から「要配慮者」に関する情報の管理や共有の体制を整備しておく。
( 第21回(平成30年度) 精神保健福祉士国家試験 現代社会と福祉 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
初見でも解答できる問題です。

しかし、災害時における社会福祉士の役割にも記述されているので、
一度読んでみるといいと思います。

1× 「地域や被災者の被災状況に応じて、さらに避難生活中の状態等の変化に留意し、必要に応じて適切に対処する必要がある」とあり、臨機応変な対応が求められます。

2× 支援人材の確保のため、福祉避難所へのボランティアの受入方針についても、検討されています。

3× 福祉避難所の避難者は、避難者が被災前に有していた自立する能力を損なわないような形で福祉サービスを受けることができます。

4× 福祉避難所は、施設・要配慮者の安全性や避難スペースの確保が最も重要です。

5○ 「平時から市町村の災害時要配慮者支援班、避難所の施設管理者、避難所の要配慮者班は、要配慮者への確実な情報伝達や物資の提供等の実施方法について確認しておく。」
と書かれています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
1.× 福祉避難所に移動してきた要配慮者を病院に移送するのは、発熱・下痢・嘔吐などで治療が必要な場合のみです。

2.× 福祉避難所では専門的人材やボランティアなどを配置することとされています。

3.× 市区町村は、福祉避難所に避難している要配慮者に対して適切な福祉サービスを提供するとしています。

4.× 福祉避難所は、要配慮者の避難生活のために特別な配慮がなされた場所のことをいい、小学校などの一般避難所にいったん避難したあと、必要であると判断した場合に設置されます。
こうした施設は手すりやスロープなどバリアフリー化が進み、支援者の安全が守られる施設(障がい者施設、養護学校、保健センターなど)が想定されるため、一般避難所と同じ敷地内にないといけないわけではありません。

5.〇 災害時において要配慮者を速やかに福祉避難所に避難させるように、常日頃より現状把握しておくことが望ましいとされています。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1:×
一般の避難所に避難した要配慮者を受け入れるために開設されるのが福祉避難所であるため、不適となります。

2:×
ボランティアも活用し、専門的人材のサポートを行うため、不適となります。

3:×
在宅福祉サービスの提供はできるだけ継続して行うため、不適となります。

4:×
同じ敷地内に開設することは必要とされていないため、不適となります。

5:○
選択肢の通りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。