過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第41033問」を出題

問題

[ 設定等 ]
「ヘイトスピーチ解消法」の内容に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
(注)「ヘイトスピーチ解消法」とは、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」のことである。
   1 .
外国人観光客に対する不当な差別的言動を規制することを目的としている。
   2 .
不当な差別的言動に対する罰則が規定されている。
   3 .
雇用における差別的処遇の改善義務が規定されている。
   4 .
地方公共団体には、不当な差別的言動の解消に向けた取組を行う努力が求められている。
   5 .
基本的人権としての表現の自由に対する制限が規定されている。
( 第21回(平成30年度) 精神保健福祉士国家試験 現代社会と福祉 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
最近のニュースで取り上げられる「ヘイトスピーチ(憎悪表現)」についての問題です。
過去問を解く勉強方法だけでなく、時事にも関心を持っておきましょう。

1× ヘイトスピーチは外国人観光客だけでなく、
「特定の国や地域の出身である人」への差別的言動が対象になります。

2× 言論自由の観点から、
ヘイトスピーチ解消法における罰則を設けてはいません。

3× ヘイトスピーチ解消法は差別的言動の解消が目的ですが、
雇用における差別的処遇の改善義務には触れてられていません。

4○ 「基本理念 2」に地方公共団体の努力義務が書かれています。

5× 表現の自由に対する制限はありません。
むしろ逆で、日本はヘイトスピーチに対し、
表現の自由を尊重するため、規制や罰則がありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
1:×
外国人観光客ではなく、国内に住む国外出身者を対象としたヘイトスピーチの規制を目的としているため、
選択肢は不適となります。

2:×
表現の自由の権利等との兼ね合いで、罰則は設けられておらず、
理念法に留まっているため、選択肢は不適となります。

3:×
雇用については触れられていないため、不適となります。

4:○
選択肢の通りです。

5:×
憲法に規定された表現の自由を保証するため、理念法に留まっています。
よって制限は規定されていないため、不適となります。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
4が正解です。
ヘイトスピーチ解消法とは、日本に住む日本人以外の出身者に不当な差別的言動や侮辱、地域的排除を許さないとし、国が相談体制の整備や教育、啓発運動の充実に取り組むことを責務とし、地方自治体にも同様の対策に努めるように求めています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。