過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第49147問」を出題

問題

[ 設定等 ]
「平成28年生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査)」(厚生労働省)における障害児・者の実態に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
(注)1「障害者総合支援法」とは、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」のことである。
(注)2「障害者手帳所持者等」とは、障害者手帳所持者及び障害者手帳非所持でかつ「障害者総合支援法」に基づく自立支援給付等を受けている者のことである。
   1 .
身体障害者手帳を所持している身体障害児(0~17歳)では、内部障害が最も多い。
   2 .
「障害者手帳所持者等」(65歳未満)で、「障害者総合支援法」に基づく福祉サービスを利用している者は半数を超えている。
   3 .
「障害者手帳所持者等」(65歳未満)で、「今後の暮らしの希望」をみると、「施設で暮らしたい」が最も多い。
   4 .
「障害者手帳所持者等」(65歳未満)で、「困った時の相談相手」をみると、家族が最も多い。
   5 .
「障害者手帳所持者等」(65歳未満)で、「外出の状況」をみると、「1ヶ月に1~2日程度」が最も多い。
( 第22回(令和元年度) 精神保健福祉士国家試験 障害者に対する支援と障害者自立支援制度 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
正解は4です。

1→身体障害者手帳を所持している身体障害児(0~17歳)で最も多い障害種別は、肢体不自由です。

2→「障害者手帳所持者等」(65歳未満)で福祉サービスについて利用したくないと答えた人が約半数(53.5%)です。

3→「障害者手帳所持者等」(65歳未満)で、「今後の暮らしの希望」については今までと同じように暮らしたいという回答が最も多いです。施設で暮らしたいと考えている割合は2.1%と低い割合です。

4→ 「障害者手帳所持者等」(65歳未満)で、「困った時の相談相手」をみると、家族が最も多いです。続いて医療機関、友人・知人となっています。

5→「障害者手帳所持者等」(65歳未満)で、「外出の状況」で最も多いのは「毎日」(32.9%)です。1ヶ月に1~2日程度の外出と回答した割合は(7.5%)です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1、不適切です。
身体障害者手帳を所持している身体障害児で最も多いのは「肢体不自由」です。

2、不適切です。
65歳未満の障害者手帳所持者等で福祉サービスを利用している人は32%となっており、半数を割っています。

3、不適切です。
今後の暮らしの希望で一番多い回答は「今までと同じように暮らしたい」という内容です。
施設で暮らしたいと考えている人は約2%であり少数派の意見である事が分かります。

4、適切な内容です。

5、不適切です。
65歳未満の障害者手帳所持者等の方の外出頻度は「毎日」と答えた方の割合が一番多く、およそ3割という結果が出ています。
一ヶ月に1~2日程度と答えた割合は7.5%と少数という結果が出ています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。