過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第49152問」を出題

問題

[ 設定等 ]
障害者基本法に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
法の目的では、障害者本人の自立への努力について規定されている。
   2 .
都道府県は、都道府県障害者計画の策定に努めなければならないと規定されている。
   3 .
国及び地方公共団体は、重度の障害者について、終生にわたり必要な保護等を行うよう努めなければならないと規定されている。
   4 .
社会的障壁の定義において、社会における慣行や観念は除外されている。
   5 .
障害者政策委員会の委員に任命される者として、障害者が明記されている。
( 第22回(令和元年度) 精神保健福祉士国家試験 障害者に対する支援と障害者自立支援制度 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
0
評価しない
1、不適切です。
障害者基本法には障害者の自立及び社会参加の支援等のための基本的事項を定め、その施策を総合的かつ計画的に推進する事が目的として定められていますが、障害者本人の自立への努力については規定されていません。

2、不適切です。
都道府県障害者計画の策定は努力義務ではなく、策定義務があると規定されています。

3、不適切です。
障害者基本法では障害の状態にかかわらず、自立・社会参加が出来るよう国や地方公共団体は国民の理解や生活しやすい環境を整える事などが責務として課せられています。終生にわたる保護についての規定はありません。

4、不適切です。
障害者基本法に規定されている社会的障壁の定義においては、日常生活または社会生活を営む上で障壁となるもの全てを指しています。
その中には社会における慣行や観念も含まれていると規定されています。

5、適切な内容です。
障害者政策委員会の委員は障害者、障害者の自立及び社会参加に関する事業に従事する者並びに学識経験のある者のうちから、内閣総理大臣が任命すると規定されています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は5です。

障害者基本法に関する設問です。

1→法の目的(第1条)の中では、障害者本人の自立への努力については規定されていません。障害者の自立への努力についての規定は、2004年(平成16年)の法改正により削除されました。

2→都道府県障害者計画の策定に努めなければならないのではなく、策定しなければならないと明記されています。(第11条)

3→この項目は、2004年(平成16年)の法改正により削除されました。

4→社会的障壁の定義には、慣行、観念も含まれています。(第2条)

5→「政策委員会の委員は、障害者、障害者の自立及び社会参加に関する事業に従事する者並びに学識経験のある者」のうちから任命されると明記されています。(第33条)
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。