過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第49191問」を出題

問題

[ 設定等 ]
災害時の精神保健に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
災害発生後48時間以内に被災者が呈する精神症状を心的外傷後ストレス障害(PTSD)という。
   2 .
厚生労働省によって組織される専門的な研修・訓練を受けたチームを災害派遣精神医療チーム(DPAT)という。
   3 .
重度の精神障害者のために考案された介入法をサイコロジカル・ファーストエイド(PFA)という。
   4 .
被災者の治療優先順位を決める手法をデブリーフィングという。
   5 .
被災者へのケア活動によって、被災を直接経験していない支援者に生じる外傷性ストレス反応のことを二次受傷という。
( 第22回(令和元年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健の課題と支援 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
正解は5です。

1→心的外傷後ストレス障害(PTSD)は、出来事での苦痛など症状が1カ月以上続いていることが診断基準となります。

2→災害派遣精神医療チーム(DPAT)は、厚生労働省ではなく、都道府県及び政令指定都市によって組織されるチームです。

3→サイコロジカル・ファーストエイド(PFA)とは、心理的応急処置という意味です。重度の精神障害者のためではなく、深刻な危機的出来事に見舞われた人に対しての支援です。

4→デブリーフィングとは、災害直後から数週間後に行われる急性期介入のことをいいます。

5→被災者へのケア活動によって、被災を直接経験していない支援者に生じる外傷性ストレス反応のことを二次受傷といいます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。