過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第49242問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次のうち、厚生年金保険加入者で、障害厚生年金3級の障害よりやや程度の軽い障害が残ったときに支給されるものとして、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
療養給付
   2 .
特別障害給付金
   3 .
障害手当金
   4 .
特別障害者手当
   5 .
障害補償給付
( 第22回(令和元年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉に関する制度とサービス )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
正解は3です。

1→療養給付とは、健康保険の被保険者が業務以外の事由により病気やけがをしたときは、健康保険で治療を受けることをいいます。

2→特別障害給付金とは、国民年金に任意加入していなかったことにより、障害基礎年金等を受給していない障害者を対象とした給付金のことをいいます。

3→障害手当金とは、病気やケガで障害者となった際に、障害の程度が軽い場合に一時金としてもらえる制度のことです。これは障害厚生年金制度にのみある制度です。

4→特別障害者手当とは、精神又は身体に著しい重度の障害があるために、日常生活において常時特別の介護が必要な20歳以上の在宅障害者に支給される手当のことをいいます。

5→障害補償給付とは、業務災害の原因となった負傷や疾病が治ったとき、身体に一定の障害が残った場合に支給される給付のことをいいます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。