過去問.com

世界史A 平成24年度(2013年)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

歴史上の交易と交通・輸送について述べた次の文章を読み、下の問いに答えよ。

(5)中世ヨーロッパでは、河川が重要な(6)内陸交通路となっていた。定期市が栄えたシャンパーニュ地方は内陸にあるが、地中海に注ぐ河川と、イギリス海峡・北海に注ぐ河川とを、どちらも利用できる地域である。木材・ブドウ酒・塩など、重い物を大量に輸送する手段としては、水上交通の方が陸上交通よりも優位にあったので、河川に面した都市が各地で繁栄し、(7)18世紀以降には運河の開発も一層進んだ。鉄道や自動車、(8)飛行機が普及した現在もなお、ヨーロッパの河川と運河は交通路としての役割を果たしている。

問 下線部(5)に関連して、8~15世紀のヨーロッパについて述べた文として最も適当なものを、次の(1)~(4)のうちから一つ選べ。

 1 . 
三圃制と呼ばれる農法が行われた。
 2 . 
地中海沿岸の諸都市が、ハンザ同盟を結成した。
 3 . 
西ローマ帝国が滅亡した。
 4 . 
イギリスで、ピューリタン革命が起こった。
この問題の解説
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
まだ、解説の投稿はありません。
border line
世界史Aの最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。