過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「人体の構造と機能及び疾病」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 21
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 21
クリア

合格者一覧へ
人体の構造と機能に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
アルブミンは酸素の運搬にかかわる。
 2 . 
ヘモグロビンは感染の防御にかかわる。
 3 . 
平滑筋は随意的に収縮できる。
 4 . 
気管は食道の後方に位置する。
 5 . 
横隔膜は呼吸にかかわる。
( 社会福祉士試験 第27回(平成26年度) 人体の構造と機能及び疾病 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21

この過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
1× 酸素の運搬に関わるのはヘモグロビンで、アルブミンは、
   カルシウムや亜鉛、脂肪酸などです。
2× 感染の防御に関わるのは、グロブリンです。
3× 平滑筋は自律神経によって支配された不随意筋であり、
   各臓器や血管に分布しています。
   なお、随意的に収縮できるのは骨格筋です。
4× 気管は食道の前面にあります。
5○ 横隔膜が下がることで肺が受動的に膨らみ、呼気が肺に入り、
   横隔膜が上がることで呼気が外に吐き出されます。
評価後のアイコン
2017/08/18 11:29
ID : ubverevvd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1【×】血中の酸素の運搬に関わるのはヘモグロビンです。
2【×】ヘモグロビンは酸素の運搬に関わり、感染の防御に関わるのはグロブリンです。
3【×】平滑筋は内臓や血管にあり、不随的です。骨格筋が随意的に収縮します。
4【×】気管は食堂の前面に下降します。
5【○】横隔膜が下がることで空気が入り肺が膨らみ、上がることで空気が出され呼吸になります。
評価後のアイコン
2018/04/01 14:49
ID : ozkwckqd
評価する
0
評価しない
正解は5です。

1.アルブミンは、血液の浸透圧の維持などにかかわっています。

2.ヘモグロビンは、酸素の運搬や呼吸にかかわっています。

3.平滑筋は随意的に収縮できない不随意筋です。

4.気管は食道の前方に位置しています。

5.横隔膜は呼吸にかかわります。
評価後のアイコン
2018/05/07 07:13
ID : zvpsuvyxmd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。