過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「権利擁護と成年後見制度」の過去問を出題

問題

福祉施設・職員の行為に関する次の記述のうち、その適否を考えるに当たり、憲法13条の人格権やプライバシー権が直接の根拠となるものとして、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
利用者が信じる宗教の経典の持ち込みを禁止すること
   2 .
利用者が拒否する作業を強要すること
   3 .
利用者の承諾なしに施設の案内パンフレットにその顔写真を掲載すること
   4 .
利用者の承諾なしに施設協力費を預り金から徴収すること
   5 .
利用者が施設批判をしたことを理由に退所を求めること
( 社会福祉士試験 第27回(平成26年度) 権利擁護と成年後見制度 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
31
評価しない
正解は3です。

1.憲法20条の信教の自由が根拠となります。

2.憲法18条の意に反する苦役が根拠となります。

3.肖像権の侵害となりますので、憲法13条の人格権やプライバシー権が直接の根拠となります。

4.憲法29条の財産権が根拠となります。

5.憲法21条の表現の自由が根拠となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
14
評価しない
1× 人格権やプライバシー権ではなく、信教の自由に基づく判断になります。
2× 憲法で禁止される「意に反する苦役」を強要するものかどうかになります。
3○ 顔写真は人格権として保護される肖像です。
4× 問題は財産権の侵害にあたるかどうかになります。
5× 思想・良心の自由、表現の自由を根拠に問題を考えるべきです。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1.×
 利用者が信じる宗教の経典の持ち込みを禁止することは、憲法20条の「信教の自由」が直接の根拠となります。

2.×
 利用者が拒否する作業を強要することは、憲法18条の「苦役からの自由」が直接の根拠となります。

3.○
 利用者の承諾なしに施設の案内パンフレットにその顔写真を掲載することは、憲法13条の「人格権やプライバシー権」が直接の根拠となります。

4.×
 利用者の承諾なしに施設協力費を預り金から徴収することは、憲法29条の「財産権の保障」が直接の根拠となります。

5.×
 利用者が施設批判をしたことを理由に退所を求めることは、憲法12条の「権利の保持の責任とその濫用の禁止」が直接の根拠となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。