過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「福祉サービスの組織と経営」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 21
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 21
クリア

合格者一覧へ
社会福祉法人の会計や財務諸表に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
社会福祉法人は、その会計や財務諸表をインターネットや広報などにおいて公表する必要はない。
 2 . 
貸借対照表とは、事業の収支の状態や継続性をみるために、当該会計年度における支払資金の増加及び減少の状況を表示するものである。
 3 . 
資金収支計算書とは、資金の調達や資産への投入状況をみるために、当該会計年度末現在における資産、負債及び純資産の状態を表示するものである。
 4 . 
財務諸表では、「土地」のように価値が上下する資産については、毎期一定の方法により償却計算を行わなくてはならない。
 5 . 
社会福祉法人には、配当(利益処分)が認められておらず、「過去の利益の蓄積額」は、赤字経営をしない限り増加する特性がある。
( 社会福祉士試験 第27回(平成26年度) 福祉サービスの組織と経営 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21

この過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
1× 社会福祉法人は、その公益性から透明性が求められているので、会計や財務諸表をインターネットや広報などで外部に公表する必要があります。
2× この文章は「資金収支計算書」の説明をしたものです。
3× この文章は「貸借対照表」の説明をしたものです。
4× 土地は固定資産ですので、減価償却の計算は不要です。
5○ 正しいです。「過去の利益の蓄積額」とは、一般的に内部留保のことを指します。社会福祉法人は非営利法人であるため、利益処分が認められていません。そのため、黒字経営となった場合はその分を次の年度に繰り越していくことになります。つまり、赤字経営にならない限り増加するという特性があります。
評価後のアイコン
2018/03/29 16:18
ID : gxtcddjrc
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1× 2014年からインターネット上での経営情報公開が義務化されました。
2× 賃借対照表とは事業資金の集金方法・保有形式を示すもので、財政状況を把握できます。
3× 設問の内容は、賃借対照表の説明です。資金収支計算書は、会計年度における支払資金の収入・支出の内容を明らかにした計算書です。
4× 土地は経過により価値減少がなく、減価償却資産ではありません。
5〇 過去の利益の蓄積額は 内部保留として、赤字経営にならない限り増加するという特性があります。
評価後のアイコン
2018/02/24 06:29
ID : ubverevvd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。