過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「高齢者に対する支援と介護保険制度」の過去問を出題

問題

認知症施策推進5か年計画(オレンジプラン)に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
オレンジプランは、認知症高齢者施策として、介護保険制度の創設と同時に策定された。
   2 .
オレンジプランにある「認知症カフェ」とは、認知症の人やその家族を支援するため、認知症の人と家族、地域住民、専門職等の誰でもが参加でき、集う場をいう。
   3 .
オレンジプランにある「認知症ケアパス」とは、認知症のケアに当たる介護職員の処遇改善の道のりを示すものである。
   4 .
オレンジプランにある「認知症サポーター」とは、認知症の人に対して、不動産や貯金などの財産管理を行う専門職をいう。
   5 .
オレンジプランでは、若年性認知症施策については、言及されていない。
( 社会福祉士試験 第27回(平成26年度) 高齢者に対する支援と介護保険制度 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
28
評価しない
1× オレンジプランは、認知症高齢者施策として、平成24年(2012年)に策定されました。介護保険制度は平成12年(2000年)に施行されています。

2○ 正しいです。「認知症カフェ」は平成25年度以降に推進されています。

3× 「認知症ケアパス」とは、認知症の状態に合わせた適切なサービス提供の流れを示したものです。

4× 「認知症サポーター」とは、認知症に対する正しい知識と理解をもち、地域で認知症の人やその家族に対してできる範囲で手助けを行う人のことをいいます。財産管理は行いません。

5× オレンジプランでは、若年性認知症施策の強化が示されており、支援ハンドブックの作成や意見交換会について言及しています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
1×  介護保険制度施行は2000年、オレンジプラン作成は2012年です。
2○  認知症カフェは、 認知症の人や家族を支える場、地域の人同士が交流できる場所としての役割が期待されています。
3× 認知症ケアパスは、認知症患者の状態に応じて適切なサービス提供を行っていくことです。
4×  認知症サポーターは、認知症サポーター養成講座を受講・修了した者を称する名称で、地域住民に対して行う研修です。
5×  平成24年度からガイドドブックが作成され、 言及されています。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。