過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度」の過去問を出題

問題

「平成23年度全国母子世帯等調査」(厚生労働省)による母子世帯等の状況に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
母子世帯になった理由は、離婚等の生別より死別の方が多い。
   2 .
母子世帯の母は、就業している者より就業していない者の方が多い。
   3 .
平均年間収入は、父子世帯より母子世帯の方が多い。
   4 .
世帯数は、父子世帯より母子世帯の方が多い。
   5 .
離婚した父親からの養育費を受けていない母子世帯より受けている世帯の方が多い。
( 社会福祉士試験 第27回(平成26年度) 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度 問136 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
31
評価しない
1× 母子世帯になった理由としては、離婚等の生別が9割を占めます。

2× 母子世帯の母の7〜8割は就業しています。形態としてはパートやアルバイトなどが多い状況があります。

3× 平均年間収入は父子世帯の方が母子世帯よりも多くなっています。

4○ 父子世帯223万世帯に対し、母子世帯は1,237万世帯となっています。

5× 「養育費を受けている」と回答した母子世帯の母は19.7%でした。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
16
評価しない
1× 離婚の理由として死別は7.5%と非常に少数で、生別の方が多いです。
2× 母子世帯の母の約8割が就労していることがわかります。
3× 統計上は母子世帯の収入より父子世帯の収入は150万円以上多い結果があります。
4〇 父子家庭より5~6倍程、母子世帯の方が多くなっています。
5× 統計では養育費を継続して支払っている父親は20%程度です。

評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
母子世帯とありますが、父子世帯との比較を
踏まえた問題になっています。

1× 逆です。

母子世帯の主な原因は
離婚等の生別(92.5%)になります。

2× 母子家庭の母親における就業の割合は80.6%
を占めており、就業していない者より勝っています。

3× 平均世帯年収は、父子世帯(455万円)より、
母子世帯(291万円)の方が少ないです。

4〇 正しいです。

母子世帯は123.8万であり、
父子世帯の22.3万世帯の5倍以上もあります。

5× 離婚した父親からの養育費の受給を
受けている母子世帯の母親は19.7%であり、
受けていない母親が8割を占めます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。