過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「更生保護制度」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 16
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 16
クリア

合格者一覧へ
少年に対する保護処分として言い渡される保護観察(以下「1号観察」という。)と、少年院仮退院者に付される保護観察(以下「2号観察」という。)に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
1号観察は家庭裁判所が決定するが、2号観察は少年院の長が決定する。
 2 . 
対象者が成績良好の場合、1号観察には仮解除や解除といった良好措置があるが、2号観察には良好措置はない。
 3 . 
対象者が遵守事項に違反した場合、1号観察も2号観察も地方更生保護委員会の決定により少年院に収容されることになる。
 4 . 
1号観察も2号観察も、対象者が成人(20歳)に達した後でも行われることがある。
 5 . 
1号観察では一般遵守事項しか付されないが、2号観察では一般遵守事項に加えて特別遵守事項が必ず付される。
( 社会福祉士試験 第27回(平成26年度) 更生保護制度 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16

この過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
1.× 前半部分は正しいですが、後半部分が誤りです。2号観察は地方更生保護委員会が決定します。

2.× 2号観察にも良好措置があります。

3.× 遵守事項に違反した場合、少年院に収容されることになる場合もありますが、それを決定するのは1号の場合は保護観察所、2号の場合は地方更生保護委員会です。

4.○ 1号、2号ともに保護観察は原則20歳までとされていますが、延長されることがあります。

5.× 特別遵守事項とは、事件に至った経緯等を踏まえ、個人の問題を考慮して付されるルールです。1号2号関係なく付されるものです。
評価後のアイコン
2018/05/29 15:13
ID : gxtcddjrc
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1× 第二号保護観察者の保護観察を決定するのが地方更生保護委員会の役割です。
2× 良好措置には、仮退院者について刑の執行を受け終わったものとする退院、又は保護観察者について保護観察を解除や仮解除があります。
3× 設問は不良措置に関する説明です。決定機関は第一号の保護観察対象者の場合は保護観察所が、第二号の場合には地方更生保護員会です。
4○ 第一号でも第二号でも、保護観察期間内に20歳を超えることがあります。
5× 特別遵守事項は、事件内容等を踏まえ、個人の問題性に合わせて付されるルールで、1号2号関係なく付与されます
評価後のアイコン
2018/02/24 06:49
ID : ubverevvd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。