過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「第27回(平成26年度)」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 150問 正解) 全問正解まであと150問
更生保護における最近の取組に関する次の記述のうち、適切なものを2つ選びなさい。
 1 . 
仮釈放者を対象に犯罪傾向などの問題性に応じた重点的・専門的処遇を行うために、自立更生促進センターが全都道府県に設置された。
 2 . 
高齢又は障害により自立が困難な矯正施設退所者等に対し、退所後直ちに福祉サービスにつなげるなど、地域生活に定着をはかるため、地域生活定着支援センターが設置された。
 3 . 
個々の保護司への支援の必要性や、保護司会がより組織的に処遇活動や犯罪予防活動を行う観点から、更生保護サポートセンターが設置された。
 4 . 
刑の一部の執行猶予制度が新設され、薬物使用等の罪を犯した者に対して、裁量的に猶予期間中保護観察を付すことができることになった。
 5 . 
更生保護施設への入所に限界があることから、緊急的住居確保・自立支援対策の一つとして、「自立準備ホーム」が法務大臣の許可の下に設置できることになった。
( 社会福祉士試験 第27回(平成26年度) 更生保護制度 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
6
評価しない
1.× 自立更生促進センターの設置目的については設問の通りですが、全都道府県に設置されている訳ではありません。福島県と福岡県の2か所に設置されています。

2.○ 地域生活定着支援センターは平成23年度末、全都道府県に設置されました。

3.○ 設問の通りです。

4.× 2016年6月より、刑の一部執行猶予制度が新設されました。裁量的にという表現が不適切です。執行猶予期間中の保護観察が拡大され、再犯防止を図ることが目的とされています。

5.× 自立準備ホームは、元々保護観察所に登録されているNPO法人等が各々の特徴を生かして自立を支援します。新たに法務大臣の許可を得て設置する、というものではありません。
評価後のアイコン
2018/05/29 17:41
ID : gxtcddjrc
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
1× 専門的処遇プログラムとしては、性犯罪者処遇・覚せい剤事犯者処遇・暴力防止・飲酒運転防止プログラムの4種があります。これらは保護観察所で行われています。
2○ 地域定着支援センターでは高齢又は障害を有するため要福祉支援者を対象に行います。
3○ 更生保護サポートセンターは地域における保護司の拠点で保護司が駐在し, 地域の関係機関と協力し保護観察中の者の支援や住民からの犯罪非行相談に応じます。
4× 「裁量的に猶予期間中保護観察を付す」という部分が誤りです。
5× 自立準備ホームは保護観察対象者等であって適当な住居の確保が困難な者について, 更生保護施設以外の宿泊場所に宿泊させて行う措置で、法務省の管轄です。
評価後のアイコン
2018/02/24 06:54
ID : ubverevvd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。