過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「人体の構造と機能及び疾病」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 28問 正解) 全問正解まであと28問
廃用症候群に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
関節拘縮は起こりにくい。
 2 . 
筋の萎縮は起こりにくい。
 3 . 
高齢者では起こりにくい。
 4 . 
起立性低血圧が起こりやすい。
 5 . 
急性期リハビリテーションで離床を早期から行うことで起こりやすい。
( 社会福祉士試験 第30回(平成29年度) 人体の構造と機能及び疾病 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
3
評価しない
正解は4です。

1.関節の曲げ伸ばしが難しくなる関節拘縮(かんせつこうしゅく)は、廃用症候群で起こりやすいといえます。

2.筋の萎縮は、廃用症候群で起こりやすいといえます。

3.廃用症候群は年齢に関わらず起こります。高齢者は寝たきりになることが多いため、廃用症候群にならないよう注意が必要です。

4.起立性低血圧は、廃用症候群で起こりやすいといえます。

5.廃用症候群は身体を使わないことにより生じてくる一連の症状のため、早期から離床するリハビリテーションを行うことで、起こりにくくすることができます。
評価後のアイコン
2018/06/22 07:23
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
1.廃用症候群は過度に安静にしすぎたり、活動性が低下したことにより、身体に生じた様々な状態のことです。
関節の動きが悪くなる関節拘縮は廃用症候群の症状のひとつです。

2.筋肉が痩せ衰える筋萎縮は廃用症候群の症状のひとつです。

3.廃用症候群は寝たきりや活動性が低下することによって、誰にも起こりうるものですが、特に高齢者に起こることが多いです。

4.急に立ち上がると、ふらつくといった起立性低血圧が起こりやすいのは廃用症候群の症状のひとつです。

5.廃用症候群は寝たきりなど活動性の低下によって起こるものなので、早期から離床するリハビリテーションを行うことで、予防することができます。
評価後のアイコン
2018/09/24 01:42
ID : azuhejzxa
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。