過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「心理学理論と心理的支援」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 27問 正解) 全問正解まであと27問
バーンアウト( 燃え尽き症候群 )に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
対人援助職に生じることは少ない。
 2 . 
援助対象者一人ひとりの感情に配慮した行動をとりやすくなる。
 3 . 
極度の身体的疲労は示すが、情緒的問題は少ない。
 4 . 
個人の能力やスキル不足が主な原因であり、職場環境の影響は小さい。
 5 . 
仕事に対する個人的達成感の低下が生じる。
( 社会福祉士試験 第30回(平成29年度) 心理学理論と心理的支援 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
6
評価しない
正解は5です。

1.バーンアウトは対人援助職にも生じます。

2.バーンアウトの状態になると、一人ひとりの感情に配慮した行動がとりにくくなります。

3.バーンアウトでは、情緒的な問題も多く示します。

4.個人の能力やスキル不足だけでなく、職場環境の影響も主な原因となります。

5.バーンアウトの状態では、仕事に対する個人的達成感の低下が生じます。
評価後のアイコン
2018/06/27 07:16
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
バーンアウトとは、強い使命感や責任感を持って仕事をしていた人に、急な意欲の低下や心身の不調がみられることです。

1.一般的に対人援助では仕事の成果が見えにくく、バーンアウトを起こしやすいと考えられています。

2.バーンアウト状態になると、 援助対象者一人ひとりの感情に配慮した行動をとりにくくなります。

3.バーンアウト状態になると、心身の不調があらわれます。

4.バーンアウトの原因は個人の能力やスキル不足だけが主な原因ではなく、職場環境の影響を受けることもあります。

5.バーンアウト状態では、 仕事に対する個人的達成感の低下が生じます。
評価後のアイコン
2018/09/24 03:02
ID : azuhejzxa
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。