過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「社会理論と社会システム」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 21問 正解) 全問正解まであと21問
ラベリング論の説明として、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
機能主義的な立場から順機能・逆機能、顕在的機能・潜在的機能といった概念を導入しつつ、逸脱や逸脱行動を説明する立場である。
 2 . 
地域社会にある文化摩擦に着目し、社会解体がその地域の犯罪などを生み出すとみる立場である。
 3 . 
資本主義社会における生産関係の矛盾から派生してくるものが社会的逸脱であるとみる立場である。
 4 . 
周囲の人々や社会統制機関などが、ある人々の行為やその人々に対してレッテルを貼ることによって、逸脱は作り出されるとみる立場である。
 5 . 
犯罪や非行などの社会問題は、下位集団文化の中で学習され、その文化を通じて世代から世代へと伝承されていくとみる立場である。
( 社会福祉士試験 第29回(平成28年度) 社会理論と社会システム )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(1件)

評価する
0
評価しない
1× 設問はマートンの機能分析に基づく逸脱理論の説明です。
2× 設問はトーマスらによる社会解体論の説明です。
3× マルクス主義に基づく社会的逸脱についての説明です。
4〇 ベッカーは逸脱の要因を周囲の人々によりレッテルを貼られることにあるとしました。
5× 設問は非行下位文化理論の説明です。
評価後のアイコン
2018/02/04 22:50
ID : ubverevvd
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。