過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「障害者に対する支援と障害者自立支援制度」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 49問 正解) 全問正解まであと49問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

[ 出題範囲選択 ]
「障害者虐待防止法」及び「平成30年度障害者虐待対応状況調査」(厚生労働省)に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
(注 1 )「障害者虐待防止法」とは、「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」のことである。
(注 2 )「平成30年度障害者虐待対応状況調査」とは、「平成30年度『障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律』に基づく対応状況等に関する調査結果報告書」のことである。
   1 .
養護者による虐待を受けたと思われる障害者を発見した者は、速やかに、これを都道府県に通報する義務がある。
   2 .
障害者虐待とは、養護者による障害者虐待と障害者福祉施設従事者等による障害者虐待の2類型をいうと定義されている。
   3 .
養護者による障害者虐待は、身体的虐待、性的虐待、心理的虐待、放置など養護を怠ること、の4種類であると定義されている。
   4 .
障害者福祉施設従事者等により虐待を受けた者の障害種別は、知的障害が最も多い。
   5 .
障害者福祉施設従事者等による虐待行為の類型は、性的虐待が最も多い。
( 社会福祉士試験 第33回(令和2年度) 障害者に対する支援と障害者自立支援制度 問62 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
13
評価しない

正解は4です。

施設従事者等による、虐待を受けた者の障害類別は「知的障害」が74.8%と最も多く、次いで「身体障害」が22.7%、「精神障害」が13.5%でした。

各選択肢については以下のとおりです。

1→障害者虐待防止法における通報先は「市町村」のため誤りです。

2→障害者虐待防止法において、障害者に虐待を行なうものは、養護者と、障害者施設の従事者、雇用主である使用者とされています。

3→障害者虐待には、身体的、心理的、性的、ネグレクト、経済的な虐待があります。

5→障害者福祉施設従事者等による虐待では、「身体的虐待」が最も多いため誤りです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない

この問題は「障害者虐待防止法」及び「平成30年度障害者虐待対応状況調査」(厚生労働省)に関して、その詳細を問われます。

1→✕ 養護者による虐待を受けたと思われる障害者を発見した者は都道府県ではなく市町村に通報する義務があります。よって誤答となります。

2→✕ 障害者虐待とは、養護者による障害者虐待障害者福祉施設従事者等による障害者虐待使用者による障害者虐待の3類型をいうと定義されています。

3→✕ 養護者による障害者虐待は、身体的虐待性的虐待心理的虐待放置経済的虐待などによって養護を怠ることです。よって5種類であると定義されている為誤答となります。

4→〇 問題文の通り、障害者福祉施設従事者等により虐待を受けた者の障害種別は知的障害が74.8%と最も多く、次いで身体障害が22.7%、精神障害が13.5%と続いています。

5→✕ 障害者福祉施設従事者等による虐待行為の類型は身体的虐待が最も多い為誤答となります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。