過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「低所得者に対する支援と生活保護制度」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 20問 正解) 全問正解まであと20問
生活保護の決定と実施に関する次の記述のうち、正しいものを2つ選びなさい。
 1 . 
他の法律に定める扶助は、生活保護法による保護に優先して行われる。
 2 . 
生活に困窮していても借金がある場合は、保護を受けることができない。
 3 . 
資力調査等に日時を要する場合は、保護の開始の申請から60日まで保護の決定を延ばすことができる。
 4 . 
急迫した状況にある場合は、資産等の調査を待たずに保護を開始することができる。
 5 . 
生活保護法による生活扶助は、居宅よりも保護施設において行うことが優先される。
( 社会福祉士試験 第29回(平成28年度) 低所得者に対する支援と生活保護制度 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(1件)

評価する
-1
評価しない
1○ 生活保護法には補足性の原理があり、設問はその説明にあたります。
2× 法律の定める要件を満たせば保護を受けることができ、借金がある事で保護不可とはなりません。
3× 保護開始の申請から14日以内に保護決定に関する通知を示さなければいけませんが、特別な理由がある場合は30日まで延長できます。
4○ 生活保護には扶養義務者の優先などが規定されていますが、急迫した理由がある場合の保護を妨げる理由ではないことも記述されています。
5× 生活扶助は原則被保護者の居宅において行います。ただし、居宅にて行えない理由がある場合、適当な施設などに委託することもできます。
評価後のアイコン
2018/03/14 06:08
ID : ubverevvd
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。