過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「社会調査の基礎」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 28問 正解) 全問正解まであと28問
質的調査に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
エスノメソドロジーの会話分析は、民族の文化を描きだす方法である。
 2 . 
グラウンデッド・セオリー・アプローチでは、分析を進めた結果としてこれ以上新しい概念やカテゴリーが出てこなくなった状態を、理論的飽和と呼ぶ。
 3 . 
非構造化面接とは、インタビューの質問項目をある程度計画しておき、話の流れに応じて柔軟に聞き取りをしていく方法である。
 4 . 
トライアンギュレーションとは、調査者と調査対象者が協力して行う調査方法である。
 5 . 
フォーカスグループインタビューとは、無作為に選ばれた調査対象者を集め、グループで聞き取りを行う方法である。
( 社会福祉士試験 第30回(平成29年度) 社会調査の基礎 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
正解は2です。

1.エスノメソドロジーとは、人びとが日常的に行なっているやり取りを観察・記述する方法です。民族に限定していません。民族の文化を描きだす方法は、エスノグラフィーです。

2.グラウンデッド・セオリー・アプローチでは、分析を進めた結果としてこれ以上新しい概念やカテゴリーが出てこなくなった状態を、理論的飽和と呼びます。

3.インタビューの質問項目をある程度計画しておき、話の流れに応じて柔軟に聞き取りをしていく方法は、半構造化面接です。非構造化面接は、インタビューの質問項目を決めずに行います。

4.トライアンギュレーションとは、データ、調査者、理論、技法を組み合わせて行う調査方法です。

5.フォーカスグループインタビューとは、条件を満たす調査対象者を集め、グループで聞き取りを行う方法です。
評価後のアイコン
2018/08/23 07:30
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は2です。

1.エスノメソドロジーではなく、エスノグラフィーです。
2.設問のとおりです。
3.設問は半構造化面接の説明です。
4.トライアンギュレーションとは、複数の研究技法を組み合わせて仮説的推論の妥当性を高めることです。
5.無造作ではなく、条件に合った対象者にしぼって聞き取りを行う方法です。
評価後のアイコン
2018/09/10 16:07
ID : efcurmjfq
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。