過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「相談援助の基盤と専門職」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 49問 正解) 全問正解まであと49問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

[ 出題範囲選択 ]
事例を読んで、多職種連携の観点から、この時点でのT市の地域包括支援センターのB社会福祉士の対応として、適切なものを2つ選びなさい。

〔事例〕
担当地区の民生委員のCさんより、一人暮らしのDさん( 80歳、男性)のことでT市の地域包括支援センターに相談の電話があった。Dさんは3か月ほど前に妻を亡くした後、閉じ籠もりがちとなり、十分な食事をとっていないようである。Dさんはこれまで要支援・要介護認定は受けていない。B社会福祉士がDさんの下を訪ねたところ、Dさんは受け答えはしっかりしていたが、体力が落ち、フレイルの状態に見受けられた。
   1 .
法定後見制度の利用を検討するため、弁護士に助言を求める。
   2 .
サロン活動の利用を検討するため、社会福祉協議会の福祉活動専門員に助言を求める。
   3 .
日常生活自立支援事業の利用を検討するため、介護支援専門員に助言を求める。
   4 .
介護老人福祉施設への入所を検討するため、医師に助言を求める。
   5 .
栄養指導と配食サービスの利用を検討するため、管理栄養士に助言を求める。
( 社会福祉士試験 第33回(令和2年度) 相談援助の基盤と専門職 問97 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
7
評価しない

この問題は事例問題です。

*地域包括支援センターの職員がとるべき行動として正しいものを、支援の背景やフレイル状態からどのように健康状態を向上・維持させるかが問題を解くカギとなります。

1→✕ 現時点では受け答えがしっかりしているので成年後見制度を利用するのは不適切です。

2→〇 問題文の通り、サロン活動の利用を検討するために社会福祉協議会の福祉活動専門員に助言を求める事Dさんの体力低下を改善できる可能性があります。

3→✕ 日常生活自立支援事業の利用は市町村の社会福祉協議会の為誤答となります。

4→✕ 現時点では在宅で生活をできているので介護老人保健施設に入所するのは不適切です。

5→〇 問題文の通り、栄養指導と配食サービスの利用を検討するために管理栄養士に助言を求める事栄養面が改善できる可能性があります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない

正解は2・5です。

2→体力が低下していること、Dさんは一人暮らしのため見守りができるようサロン活動の利用を検討することが適切です。サロン活動に参加することで地域での居場所づくりや、外へのつなががりを作ることにもつながります。

5→事例内で、Dさんが十分な食事をとっていないようであるとあり、またフレイル状態(身体的・精神的に虚弱な状態)と見受けられるため栄養指導、配食サービスの検討が適切です。

各選択肢については以下のとおりです。

1→事例内で、「Dさんは受け答えはしっかりしていた」とあるため、後見制度の判断能力を欠くものや不十分なものという要件には当たらないので誤りです。

3→日常生活自立支援事業の利用をする場合は、市町村の社会福祉協議会に相談をします。

4→Dさんが介護老人福祉施設の入所を希望していないので適切ではありません。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。