過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「福祉サービスの組織と経営」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 21問 正解) 全問正解まであと21問
組織で働く者の労働意欲やキャリア形成に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
ハーズバーグ(Herzberg,F.)は、仕事に積極的な満足を与える要因として、監督技術、作業条件、給与などの衛生要因を重視した。
 2 . 
マズロー(Maslow,A.)は、自己実現の欲求が達成されれば、仕事のやる気は低下すると考えた。
 3 . 
コーチングとは、上司からの指示・命令により従業員の労働意欲を向上させる方法のことである。
 4 . 
キャリアアンカーとは、組織が個人にふさわしいキャリア展開を前もって計画することをいう。
 5 . 
メンタリングは、メンティー(メンタリングの受け手)のキャリア形成の促進を目的とする。
( 社会福祉士試験 第29回(平成28年度) 福祉サービスの組織と経営 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
1× 給与や条件などは周辺の不満であり、満足要因ではないとハーズバーグは主張しました。
2× マズローの世旧段階説の最高次欲求の「自己実現欲求」が達成されればモチベーションは上がるとされています。
3× コーチングは、コミュニケーションにより従業員の労働意欲などを手助けします。
4× キャリアアンカーはキャリア選択の際の確固たる軸や価値観のことです。
5○ メンタリングは経験者が、経験の少ない者のキャリア形成のために可能性を引き出す指導方法・支援技術のことです。
評価後のアイコン
2018/04/05 05:34
ID : ubverevvd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は5です。

1.ハーズバーグは、仕事に積極的な満足を与える要因として、監督技術、作業条件、給与などの衛生要因よりも、達成や承認などの動機付け要因を重視しました。

2.マズローは、自己実現の欲求が達成されれば、仕事のやる気は向上すると考えました。

3.コーチングとは、指示・命令ではなく、対話や質疑応答を重ねることによって、従業員の労働意欲を向上させる方法です。

4.キャリアアンカーとは、キャリアを選択する際に、大切にする価値観や動機のことをいいます。

5.メンタリングは、メンティーのキャリア形成の促進を目的とします。
評価後のアイコン
2018/03/20 07:21
ID : zvpsuvyxmd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。