過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「福祉サービスの組織と経営」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 29問 正解) 全問正解まであと29問
人材育成や研修に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
経験学習モデルは、能動的実験・具体的経験と内省的観察・抽象的概念化との間の循環を否定している。
 2 . 
暗黙知と形式知の、共同化、表出化、連結化、内面化からなる循環的な変換過程は、組織の知識を創発するのに有効である。
 3 . 
OJTでは、職員の職務遂行能力は対象外である。
 4 . 
OFF-JTは、作業遂行の過程で行う訓練方法のことである。
 5 . 
エルダー制度は、新入社員のセルフラーニングを通じた自己啓発の仕組みである。
( 社会福祉士試験 第30回(平成29年度) 福祉サービスの組織と経営 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
3
評価しない
正解は2です。

1.経験学習モデルは、能動的実験・具体的経験と内省的観察・抽象的概念化との間の循環を認めています。

2.暗黙知と形式知の、共同化、表出化、連結化、内面化からなる循環的な変換過程は、組織の知識を創発するのに有効です。

3.OJTでは、職員の職務遂行能力も対象となります。

4.OFF-JTは、作業遂行の過程を離れて行う訓練方法です。作業遂行の過程で行う訓練方法はOJTです。

5.エルダー制度は、先輩社員が教育係となって行う研修制度です。
評価後のアイコン
2018/07/28 16:20
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1× 経験学習モデルは、能動的実験・具体的経験と内省的観察・抽象的概念化との間の循環を認めているモデルです。
2〇 暗黙知や形式知を共同化などの表出することによる変換過程は、組織の知識を創発するのに有効です。
3× OJTでは、職員の職務遂行能力もその対象となります。
4 × OFF-JTは、作業遂行の過程から離れて行う訓練方法のことを指します。
5× エルダー制度は、先輩が教育担当として新入社員について行う研修制度です。
評価後のアイコン
2018/09/20 23:40
ID : ubverevvd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。