過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「高齢者に対する支援と介護保険制度」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 69問 正解) 全問正解まであと69問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

[ 出題範囲選択 ]
高齢者の住まいに関する法制度についての次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
住宅確保要配慮者に対して居住支援に取り組む法人(居住支援法人)は、その申請により、都道府県知事から指定されることとなっている。
   2 .
サービス付き高齢者向け住宅は、入居者に対し、介護保険制度における居宅介護サービス若しくは地域密着型サービスの提供が義務づけられている。
   3 .
シルバーハウジングにおいては生活支援コーディネーターが配置され、必要に応じて入居者の相談や一時的な身体介護を行うこととなっている。
   4 .
終身建物賃貸借制度は、賃借人が死亡することによって賃貸借契約が終了する借家契約であり、75歳以上の高齢者が対象とされている。
   5 .
市町村は、住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する計画(市町村賃貸住宅供給促進計画)の作成を義務づけられている。
( 社会福祉士試験 第33回(令和2年度) 高齢者に対する支援と介護保険制度 問135 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
6
評価しない

1、適切な内容です。居住支援法人は、都道府県から指定を受けている法人(住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給促進に関する法律 第40条に規定されている法人)の事を指します。それらの法人の役割としては、登録住宅の入居者への家賃債務保証や賃貸住宅の入居に係る相談、見守りなどの生活支援などを行う事と定められています。

2、不適切です。サービス付き高齢者向け住宅が提供する事を義務付けられているのは、入居者に対する安否確認と生活相談サービスです。

3、不適切です。シルバーハウジングにおいては生活支援員が配置されており、その役割としては入居者相談と入居者の安否確認、緊急時の一時的な家事援助が挙げられています。役割の中に身体介護は含まれていません。

4、不適切です。終身建物賃貸借制度の対象者は60歳以上の方であり、単身または同居者が高齢者親族である事が条件として挙げられています。

5、不適切です。市町村賃貸住宅供給促進計画の策定については策定義務が無く、策定は任意となっています。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

正解は1です。

1.適切です。

2.不適切です。サービス付き高齢者向け住宅は、国土交通省・厚生労働省令で定める基準に適合する「状態把握サービス」と「生活相談サービス」を提供するものとされています。

3.不適切です。「生活支援コーディネーター」ではなく、「ライフサポートアドバイザー」です。サービス内容としては、一般的な「身体介護」ではなく、「家事援助」です。その他に、生活指導・安否確認・緊急時対応等があります。

4.不適切です。「75歳以上」ではなく、「60歳以上」です(高齢者の住宅の安全確保に関する法律52条参照)。

5.不適切です。「市町村」ではなく、「都道府県」に「計画を作成できる」としています(住宅確保要配偶者に対する賃貸住宅の提供の促進に関する法律5条参照)

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。