過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「高齢者に対する支援と介護保険制度」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 40問 正解) 全問正解まであと40問
事例を読んで、R市の地域包括支援センターに勤務するK社会福祉士の、この時点での対応に関する次の記述のうち、適切なものを2つ選びなさい。

〔 事例 〕
L民生委員が、担当地域のMさん( 73歳、男性 )への対応について相談するため来所した。Mさんは自分の年金で生活できているが、物忘れが多いという自覚があり、賃貸アパートの家賃の支払が滞ることがある。親族や近隣との付き合いはない。
Mさんは自宅での生活を望んでいる。
 1 . 
Mさんから心身の状況や日常生活について話を聞く。
 2 . 
K社会福祉士の判断で、要介護認定の申請に関する手続を代行する。
 3 . 
Mさんには財産管理はできないと考え、市長申立てで成年後見人を選任する。
 4 . 
Mさんに、R市の社会福祉協議会が実施している日常生活自立支援事業について説明する。
 5 . 
地域包括支援センター運営協議会に諮り、支援方針を決定する。
( 社会福祉士試験 第30回(平成29年度) 高齢者に対する支援と介護保険制度 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
3
評価しない
正解は1、4です。

1.この時点で、Mさんの心身の状況や日常生活について話を聞くことは適切な対応です。

2.社会福祉士の判断で、要介護認定の申請に関する手続きを代行することは適切ではありません。

3.この時点で、Mさんの意向を確認せずに、一方的に成年後見人を選任することは適切ではありません。

4.事例の状況から、まずはMさんに、日常生活自立支援事業について説明することは適切な対応です。

5.地域包括支援センター運営協議会に諮る前に、Mさんの意向を確認することが大切です。
評価後のアイコン
2018/07/28 21:08
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1○ 来所時の相談において、心身の状況や日常生活について話を聞くことは適切です。
2 × この時点で、要介護認定の申請に関する手続を代行するのは不適切です。
3 × Mさんの意思を確認せずに、成年後見人を選任するよう動くのは行ってはいけません。
4 ○ Mさんに、日常生活自立支援事業など情報提供を行うのは適切です。
5 × 地域包括支援センター運営協議会に諮る前にMさんの意思や意向を聴き取る必要があります。
評価後のアイコン
2018/09/21 13:22
ID : ubverevvd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。