過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「高齢者に対する支援と介護保険制度」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 59問 正解) 全問正解まであと59問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

[ 出題範囲選択 ]
「平成29年度『高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律』に基づく対応状況等に関する調査結果」(厚生労働省)で示されている「養介護施設従事者等」による高齢者虐待に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
(注)「養介護施設従事者等」とは、養介護施設又は養介護事業の業務に従事する者を指す。
   1 .
市町村等が虐待と判断した件数は、2008年度(平成20年度)以降、減少傾向にある。
   2 .
虐待の発生要因として最も多いものは、「倫理観や理念の欠如」である。
   3 .
虐待の事実が認められた施設・事業所のうち、およそ3割が過去に何らかの指導等(虐待以外の事案に関する指導等を含む)を受けている。
   4 .
被虐待高齢者の状況を認知症高齢者の日常生活自立度でみると、「Ⅰ」が全体のおよそ 4分の3 を占めている。
   5 .
虐待の内容として最も多いものは、「経済的虐待」となっている。
( 社会福祉士試験 第32回(令和元年度) 高齢者に対する支援と介護保険制度 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
7
評価しない
正解は3です。

また、虐待の事実が認められた施設・事業者のうち最も多いのが「特別養護老人ホーム」で、次に多いのが「有料老人ホーム」となっています。

各選択肢については、以下の通りです。

1.虐待件数は、平成18年度以降で年々増加傾向です。

2.養介護施設事業者等による高齢者虐待の発生要因で最も多いのは「教育・知識・介護技術等に関する問題(60.1%)」です。次いで多いのが「職員のストレスや感情コントロールの問題(26.4%)」です。

4.被虐待高齢者の約4分の3が日常生活自立度「Ⅱ」以上の者です。

5.虐待種別で最も多いのは「身体的虐待(59.8%)」です。次いで「心理的虐待(30.6%)」となっています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1、不適切です。
市町村が虐待と判断した件数は、平成18年以降一貫して増加しています。

2、不適切です。
虐待の発生要因として最も多いものは「教育・知識・介護技術等に関する問題」が要因と判断されており、全体の6割を超えています。

3、適切な内容です。
選択肢の内容に加え、虐待の事実が認められた施設や事業所のうち、過去にも虐待が発生していたケースも16件見られています。

4、不適切です。
認知症高齢者の日常生活度Ⅲ以上が6割以上を占めており、認知症が重度であるほど虐待を受けやすいと言えます。

5、不適切です。
虐待の内容として最も多いものは「身体的虐待」であり、全体の6割弱を占めています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問を通常順で出題するには こちら
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。