過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「高齢者に対する支援と介護保険制度」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 30問 正解) 全問正解まであと30問
事例を読んで、高齢者虐待に関するL社会福祉士の対応として、適切なものを2つ選びなさい。

〔事例〕
L社会福祉士は、S町にある特定施設入居者生活介護事業所の管理者をしている。ある日、最近入居したMさんについて、複数の入居者から「昨夜、Mさんが廊下を歩き回ってうるさかった」との苦情を受けた。Mさんを担当したA介護職員に状況を聞くと、「夜勤時、Mさんが大声を出して歩き回っていたので、一晩部屋から出られないように鍵をかけておいた」との説明があった。
 1 . 
速やかにS町へ通報をすることとした。
 2 . 
閉じ込めたことは、やむを得ない対応と判断した。
 3 . 
Mさんの家族に電話で状況を説明し、了解を求めることとした。
 4 . 
Mさんの行動について、関係する職員とその要因を分析しつつ、対応方法を検討することとした。
 5 . 
外部に情報が広がらないように、ボランティアの受入れを中止することとした。
( 社会福祉士試験 第29回(平成28年度) 高齢者に対する支援と介護保険制度 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
1○ 要介護施設従業者等は、従業者などによる高齢者虐待を受けたと思われる高齢者を発見した場合は、速やかにこれを市町村に通報しなければなりません。
2× 自分の意思で開けられない居室への隔離などは、身体拘束にあたり禁止されています。
3× 高齢者本人の判断能力の程度によらず、本人・家族・成年後見人などの同意のみによる身体拘束は虐待に該当します。
4○ 要因を分析し、身体拘束以外に代替する介護方法を検討することは適切な支援です。
5× 虐待発生を理由にボランティア受け入れ中止を行うことは、組織の閉鎖性が高まり虐待再発のリスクが高まります。
評価後のアイコン
2018/04/05 05:40
ID : ubverevvd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は1、4です。

1.「一晩部屋から出られないように鍵をかけておいた」という内容が虐待にあたる可能性が高いため、高齢者虐待防止法第21条に基づいて、速やかに市町村に通報しなければなりません。

2.「廊下を歩き回ってうるさかった」というだけで、拘束をしてもよいという理由にはあたりません。拘束には生命や身体が危険にさらされる場合などの要件があり、個人の判断ではなく施設全体での判断が必要となります。

3.やむを得ず、家族に電話で状況を説明し、了解を求める必要があったとしても、事前に行う必要があります。事例のように事後対応として電話で了解を求めることは適切な対応とはいえません。

4.Mさんの行動について、関係する職員とその要因を分析しつつ、対応方法を検討することは、今後の対策としても適切な対応といえます。

5.虐待の早期発見のために、外部のボランティア等と積極的に連携することが望ましいといえます。
評価後のアイコン
2018/03/22 07:35
ID : zvpsuvyxmd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。