過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「就労支援サービス」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 12問 正解) 全問正解まであと12問
事例を読んで、障害者就業・生活支援センターのD就業支援担当職員(社会福祉士)の対応に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

〔事例〕
障害者就業・生活支援センターのD就業支援担当職員は、登録者の精神障害のあるEさんの就職先である企業の人事担当者Fさんから、職場における合理的配慮の提供について相談を受けた。最近、Eさんから疲労感を覚えたときのために、職場内に専用の休憩室を設置して欲しいとの申出があったが、スペースの確保が難しいため、企業としての対応に悩んでいるという。
 1 . 
Eさんからの申出のとおり、休憩室を設置するように助言する。
 2 . 
Eさんからの申出は、障害の特性とは関係ないので、断るように助言する。
 3 . 
事業所にとって、過重な負担となるので断るように助言する。
 4 . 
EさんとFさんとの対立が予想されるので、弁護士に相談するように助言する。
 5 . 
Fさんに、必要に応じて自分も同席するので、Eさんと可能な対応について話し合うように助言する。
( 社会福祉士試験 第29回(平成28年度) 就労支援サービス )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
1× 詳しい聞き取りなどを行っていない段階での休憩室設置の助言は不適切です。
2× 疲労感も精神障害の影響による可能性はあり、関係がないとは言えません。
3× 事業主にとって合理的配慮が過重な負担かどうかをを状況調査したうえで助言すべきです。
4× 事例の時点では、職場定着を進めるための助言をすべきです。
5○ 事業主、本人からの状況把握をする場面を設定するなどは、職場定着を継続させるうえで適切な助言です。
評価後のアイコン
2018/04/05 05:44
ID : ubverevvd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は5です。

1.「スペースの確保が難しい」という事情があるなかで、休憩室を設置するように求めることは適切な助言とはいえません。

2.疲労感を覚え、人の目を気にしやすい精神障害者にとって、専用の休憩室が欲しいとの要望は、障害の特定と無関係ではありません。

3.就業支援担当のDさんとして、過重な負担とならない範囲での対応を求めることが必要です。

4.就業支援担当のDさんとして、対立が生じないようにEさんとFさん双方に働きかけていく必要があります。

5.EさんとFさんが一緒に納得のいく対応を話し合えるように助言することは、最も適切な対応といえます。
評価後のアイコン
2018/03/24 07:26
ID : zvpsuvyxmd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。