登録販売者試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

登録販売者の過去問 第16399問 出題

問題

胃に関する記述について、正しいものはどれか。
 1 . 
胃は上腹部にある中空の臓器で、中身が空の状態では扁平に縮んでいる。
 2 . 
胃内壁の粘膜の表面には無数の微細な孔があり、胃腺につながって塩酸(胃酸)のほか、ペプシノーゲンなどを分泌している。
 3 . 
胃の粘膜表皮を覆う細胞から粘液が分泌され胃自体を保護しているため、胃液分泌と粘液分泌のバランスが崩れても、胃液により胃の内壁が損傷を受けることはない。
 4 . 
食道から送られてきた内容物は、胃の運動によって胃液と混和され、かゆ状となって小腸に送り出されるまで数時間、胃内に滞留する。

この登録販売者 過去問の解説(3件)

評価する
10
評価しない
正解は1,2,4です。

1 その通りです。食道から内容物が送られてくると、その刺激に反応して胃壁の平滑筋が弛緩して容積が広がります。これを胃適応性弛緩と言います。

2 その通りです。胃酸は、胃内を弱酸性に保って、内容物が腐敗や発酵を起こさないようにする役目をしています。

3 胃液分泌と粘液分泌のバランスが崩れると、胃液により胃の内壁が損傷を受けて胃痛等の症状があらわれます。

4 その通りです。滞留時間は、炭水化物主体の食品の場合には比較的短く、脂質分の多い食品には比較的長いとされています。
評価後のアイコン
2015/03/20 14:12
ID : yrhvjoouug
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
正解:1、2、4

1:設問のとおり。食道から内容物が送られてくると、その刺激に反応して胃壁の平滑筋が弛緩し、容積が拡がります(胃適応性弛緩)。

2:設問のとおり。
ペプシノーゲンは胃酸によって、タンパク質を消化する酵素であるペプシンとなり、胃酸とともに胃液として食物の消化に働きます。

3:胃液による消化作用から胃自体を保護するために、胃の粘膜表皮を覆う細胞から粘液が分泌されています。胃液分泌と粘液分泌のバランスが崩れると、胃液により胃の内壁が損傷を受けて胃痛等の症状を生じることがあります。

4:設問のとおり。滞留時間は、炭水化物主体の食品の場合には比較的短く、脂質分の多い食品の場合には比較的長くなります。
評価後のアイコン
2015/06/16 13:29
ID : vyjkaghdu
評価する
1
評価しない
正しいものは、1,2,4です。

誤っている3についてですが、問題文中の「損傷を受けることはない」という部分が誤りです。正しくは、「損傷を受け、胃痛の原因となりうる」です。

胃粘液はペプシンのタンパク質分解作用から胃壁を守る働きを行います。粘液があまり分泌されていないというのは胃の内壁が保護を受けていないということになります。

ペプシンはタンパク質分解酵素ですから、自分の胃を溶かしてしまうことになるのです。
評価後のアイコン
2015/07/12 16:10
ID : wpoxudbb
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この登録販売者 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。