過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第16452問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の漢方処方製剤のうち、インターフェロン製剤との併用例において間質性肺炎が報告され、厚生省(当時)より関係製薬企業に対して緊急安全性情報の配布が指示されたものはどれか。
   1 .
麻黄湯
   2 .
葛根湯
   3 .
小柴胡湯
   4 .
当帰芍薬散
( 登録販売者試験 平成25年度(地域2) 医薬品の適正使用・安全対策 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
17
評価しない
正解は3です。

インターフェロン製剤は、C型肝炎の治療に使われる薬です。

1991年4月以降、小柴胡湯による間質性肺炎については使用上の注意事項に記載されていました。

その後、インターフェロン製剤との併用例による間質性肺炎が報告されたことから、1994年1月、インターフェロン製剤との併用を禁忌とする使用上の注意の改訂がなされました。

しかし、それ以降も慢性肝炎患者が小柴胡湯を使用して間質性肺炎が発症。死亡を含む事例もあったことから、1996年3月問題文にあるように緊急安全情報の配布が指示されました。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
3番が正解です。

インターフェロン製剤とは医師の使う注射剤で、肝炎の薬です。
慢性肝炎の患者が小柴胡湯を使用したことにより、間質性肺炎が発症して、死亡や重篤な転帰に至った例があります。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
正解は3です。

1994年1月に、インターフェロン製剤との併用を禁忌とする旨の使用上の注意の改訂がなされましたが、それ以降も慢性肝炎患者が小柴胡湯を使用して間質性肺炎が発症したことから、1996年3月に緊急安全性情報の配布が指示されました。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。