過去問.com

登録販売者試験 平成25年度(地域2) 医薬品の適正使用・安全対策  過去問題 | 無料の試験問題

問題

医薬品の適正使用のための啓発活動及び薬物乱用防止活動に関する記述について、正しいものはどれか。

 1 . 
医薬品の持つ特質及びその使用・取扱い等について正しい知識を広く生活者に浸透させることにより、保健衛生の維持向上に貢献することを目的とし、毎年「薬と健康の週間」として広報活動やイベント等が実施されている。
 2 . 
薬物の長期の乱用によって、臓器障害、情緒不安定、対人関係・社会生活上の障害などにいたった事例が報告されている。
 3 . 
薬物乱用防止を一層推進するため、毎年10月17日~23日の1週間、国、自治体、関係団体等により、「ダメ。ゼッタイ。」普及運動が実施されている。
 4 . 
青少年では、薬物乱用の危険性に関する認識や理解が必ずしも十分でなく、好奇心から身近に入手できる薬物(一般用医薬品を含む。)を興味本位で乱用することがあるため、医薬品の適正使用の重要性等に関して、小中学生のうちから啓発を行うことが重要である。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
5

1 正しいです。
「薬と健康の週間」は毎年10月17日から23日の1週間、国や自治体、関係団体によって広報活動やイベントが実施されています。

2 正しいです。
その他に、薬の大量摂取やアルコールとの同時摂取などによる急性中毒、転倒、昏睡、死亡などの事例も報告されています。

3 誤りです。
「ダメ。ゼッタイ。」普及運動は、毎年6月20日から7月19日までの1ヶ月間、国や自治体、関係団体によって実施されています。

4 正しいです。
一般用医薬品の乱用をきっかけとして、違法薬物の乱用へとつながるおそれもあるため、医薬品の適正使用の重要性に関しての早期からの啓発が重要とされています。

2015/04/03 02:12
ID : ynvvbopmva
3

正しいものは1,2,4です。

誤っている3についてですが、「ダメ。ゼッタイ。」普及運動は毎年6月20日~7月19日の間実施されています。

3の設問文にある「毎年10月17日~23日」は、設問1にある「薬と健康の週間」の実施期間です。

2015/07/08 17:56
ID : wpoxudbb
1

正解は1,2,4です。

1 その通りです。
毎年10月17日~23日の1週間、実施されています。

2 その通りです。
また、薬物の大量摂取やアルコールとの同時摂取による急性中毒から、転倒、昏睡、死亡などにいたる事例が報告されています。

3 毎年6月20日~7月19日の1ヶ月間、実施されています。

4 その通りです。
一般用医薬品の乱用をきっかけとして、違法な薬物の乱用につながることもあり、乱用者自身の健康を害するのみでなく、社会的な弊害を生じるおそれもあります。

2015/06/09 20:47
ID : yrhvjoouug
border line
登録販売者試験の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。