過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第17890問」を出題

問題

[ 設定等 ]
医薬品に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
医薬品は、効能効果、用法用量、副作用等の必要な情報が適切に伝達されることを通じて、購入者が適切に使用することにより、初めてその役割を十分に発揮するものである。
   2 .
一般用医薬品は、医療用医薬品と比較すればリスクが相対的に低いので、保健衛生上の注意は必要ない。
   3 .
医薬品が人体に及ぼす作用は複雑、かつ、多岐にわたるが、そのすべてが解明されている。
   4 .
医薬品は、必ずしも期待される有益な効果(薬効)のみをもたらすとは限らず、好ましくない反応(副作用)を生じる場合もある。
( 登録販売者試験 平成25年度(地域1) 医薬品に共通する特性と基本的な知識 )

この過去問の解説 (6件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
11
評価しない
医薬品に関する基本的な問題です。

【誤っているもの】
2
一般用医薬品においても、副作用や飲み合わせの考慮が必要ですので保健衛生上の注意が必要になります。

3
「医薬品が人体に及ぼす作用は複雑、かつ、多岐にわたる」までは正しいですが、現在でも未解明の部分があります。


【正しいもの】
1
<厚生労働省 - 試験問題の作成に関する手引き>にも記載があるとおり、医薬品の本質に関する性質になります。

4
<厚生労働省 - 試験問題の作成に関する手引き>にも記載があるとおり、医薬品の本質に関する性質になります。
WHO(世界保健機関)は、「疾病の予防、診断、治療のため、又は身体の機能を正常化するために、人に通常用いられる量で発現する医薬品の有害かつ意図しない反応」が医薬品の副作用と定義しています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
2.医療用医薬品と比べればリスクは低いが、保健衛生上のリスクは伴うため注意が必要。
3.医薬品の人体に及ぼす作用は複雑多岐にわたるため、すべてが解明されているわけではない。
1,4は正しい。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解:1、4

不正解
2.一般用医薬品は、医療用医薬品と比較すればリスクが相対的に低いので、保健衛生上の注意は必要ない。
 →副作用リスクは低いですが、注意は必要です。
3 . 医薬品が人体に及ぼす作用は複雑、かつ、多岐にわたるが、そのすべてが解明されている。
 →すべてが解明されておらず、まだまだ分かっていないことがたくさんあります。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
常識的に考えて正解したい問題です。
2 . 一般用医薬品も、保健衛生上の注意は必要です。
3 . 「そのすべてが解明されている」といった断定の言い切り文言があれば、まずは疑ってみてください。まだ解明されていない事象があるため、誤りです。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正しいものは1,4です。

誤っているものについては、以下のとおりです。

2→保健衛生上の注意は必要です。一般用医薬品はリスクが低くても、人の疾病の診断、治療、予防に使用され、身体の構造や機能に影響を及ぼすものであることにはかわりません。そのため、科学的な根拠に基づく適切な理解や判断によって、適正に使用されなければなりません。

3→個人によっても違いがあり、すべてが解明されているわけではありません。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

1 正

医薬品とは、日本薬局方に収められているものです。

日局(日本薬局方)で性状や品質などが基準として定められていて、また、成分・分量・性状・品質・性能が承認されています。

定められた用法用量などが適切に購入者に伝達できないと、症状の悪化を招いたり、濫用のおそれがあります。

セルフメディケーションの一環として、薬剤師や登録販売者が一般の生活者に情報を伝えていくことが大切です。

2 誤

一般用医薬品や要指導医薬品は、医療機関を受診するほどでもない体調の不良や疾病の初期段階で使用されるものです。

セルフメディケーションの一環として推奨されていますが、それは医療用医薬品と比べてリスクが低いからではありません。

医療用医薬品は、医師や歯科医師によって使用されたり処方されるもので、一般用医薬品は、薬剤師や登録販売者から提供された情報をもとに、需要者が選択して使用することを目的としています。

3 誤

医薬品の作用は複雑で多岐に渡ります。

その作用は、全てが解明されているわけではありません。

医薬品とは、人体にとっては異物なのです。

4 正

薬効だけでなく副作用がもたらされることもあるため、科学的な根拠にもとづいた理解と判断によって、適正に使用することが大切です。

そのためには、薬剤師や登録販売者が、一般の生活者・需要者に必要な情報を適切に伝えることが不可欠です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。