過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第17968問」を出題

問題

[ 設定等 ]
高コレステロール改善薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しいものはどれか。
   1 .
ポリエンホスファチジルコリンは、コレステロールから過酸化脂質の生成を抑えるほか、末梢血管における血行を促進する作用があるとされる。
   2 .
大豆油不鹸化物(ソイステロール)は、高密度リポ蛋白質(HDL)を増加させる効果を目的として用いられる。
   3 .
パンテチンは、末梢組織におけるコレステロールの吸収を抑える働きがあるとされる。
   4 .
リノール酸は、悪心(吐き気)、胃部不快感等の消化器系の副作用が現れることがある。
( 登録販売者試験 平成25年度(地域1) 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
33
評価しない
正しいものは4です。

他の選択肢については以下のとおりです。

1→「ポリエンホスファチジルコリン」ではなく、「トコフェロール酢酸エステル」です。「ポリエンホスファチジルコリン」は、コレステロールと結合して、代謝されやすいコレステロールエステルを形成し、肝臓でコレステロールの代謝を促します。

2→「大豆油不鹸化物」ではなく、「パンテチン」です。「大豆油不鹸化物」は、腸管でのコレステロールの吸収を抑えます。

3→「パンテチン」の働きは2の問題文です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
23
評価しない
正解:4です。


ポリエンホスファチジルコリンやリノール酸は代謝されやすいコレステロールエステルとして結合して、肝臓でのコレステロール代謝を促します。

ソイステロールやガンマ・オリザノール(植物ステロール)はコレステロールの吸収を抑制します。

パンテチンは肝臓でのコレステロール代謝の正常化、血管壁へのコレステロールの蓄積を防ぎます。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1)誤
肝臓におけるコレステロールの代謝を促すのが正しい文章です。

2)誤
大豆油不鹸化物(ソイステロール)は、腸管におけるコレステロールの吸収を抑える働きがあります。

3)誤
正しくは→LDLの産生を高める作用があります。

4)正
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。