過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第17974問」を出題

問題

[ 設定等 ]
鼻炎及び鼻炎用点鼻薬に関する次の記述の正誤について、正しいものはどれか。
   1 .
急性鼻炎は、鼻腔内に付着したウイルスや細菌が原因となって生じる鼻粘膜の炎症で、かぜの随伴症状として現れることが多い。
   2 .
一般用医薬品の鼻炎用点鼻薬の対応範囲は、急性又はアレルギー性の鼻炎及びそれに伴う副鼻腔炎であり、蓄膿症などの慢性のものは対象となっていない。
   3 .
鼻粘膜が腫れてポリープ(鼻茸)となっている場合には、一般用医薬品を長期連用することにより、回復が期待できる。
( 登録販売者試験 平成25年度(地域1) 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
17
評価しない
正解:1,2です。


鼻炎用点鼻薬を3日程度使用しても症状の改善が見られない、
副鼻腔炎や中耳炎の徴候が見受けられる、
鼻粘膜が腫れてポリープ(鼻茸)となっている、
このような場合には医療機関の受診をすすめることが望ましく、
一般用医薬品を長期に連用することは避けるべきです。

また、市販薬の中の、鎮咳去痰剤、点眼薬、かぜ薬の鼻汁止め、睡眠改善薬、乗り物酔い防止薬等では、
かなりの割合で成分が重複しているため、注意が必要になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
正解は1,2です。

3についてですが、鼻茸は一般用医薬品では回復が見込めません、ステロイド性抗炎症成分を含む点鼻薬が必要です。これは医療用医薬品のため、医療機関を受診することが望ましいです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。