過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第17981問」を出題

問題

[ 設定等 ]
歯痛薬及びその配合成分に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
歯痛薬は、歯の齲蝕(むし歯)による歯痛を応急的に鎮めることを目的としている。
   2 .
ユーカリ油は、冷感刺激を与えて知覚神経を麻痺させることによる鎮痛・鎮痒の効果を期待して配合されている場合がある。
   3 .
クレオソートは、抗炎症作用を期待して用いられる。
   4 .
サンシシは、アカネ科のクチナシの花を用いた生薬で、殺菌消毒作用を期待して用いられる。
( 登録販売者試験 平成25年度(地域1) 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
26
評価しない
正しいものは、1,2です。

誤っているものについては以下のとおりです。

3→文中の「抗炎作用」ではなく、「殺菌作用」です。

4→文中の「殺菌作用」ではなく、「抗菌作用」です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
16
評価しない
1,2です。


クレオソートは殺菌消毒成分として用いられます。
サンシンは抗炎症作用成分として用いられます。

歯痛薬で歯の齲蝕(虫歯)は修復されないので、
早めの医療機関(歯科)の受診を勧める必要があります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1)正
2)正
3)誤
クレオソートは、抗炎症作用ではなく殺菌作用です。

4)誤
サンシシは、殺菌作用ではなく抗炎症作用です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。