過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第26894問」を出題

問題

[ 設定等 ]
フェルビナクに関する記述について、誤っているものはどれか。
   1 .
鎮痛等を目的として、筋肉痛、関節痛、打撲等に用いられる。
   2 .
皮膚の下層にある骨格筋や関節部まで浸透してプロスタグランジンの産生を抑える作用を示す。
   3 .
殺菌作用はないため、皮膚感染症に対しては効果がない。
   4 .
抗ヒスタミン成分として配合される。
( 登録販売者試験 平成26年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
17
評価しない
正解は4

1.正しい
 フェルビナクは打撲痛や関節痛、筋肉痛などに用いられる成分です。


2.正しい
 細胞膜内発生したでプロスタグランジンが痛みのもととなり、炎症を引き起こします。
 フェルビナクは深層部まで浸透し、プロスタグランジンの生成を抑制します。


3.正しい
 フェルビナクには殺菌作用はありません。鎮痛消炎成分です。


4.誤り
 抗ヒスタミン成分ではありません。鎮痛消炎成分です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
正解は4です。

1→ フェルビナクは、抗炎症作用を含む外用薬で、筋肉痛、関節痛、打撲等の症状を和らげるために用いられます。

2→ 有効成分が皮膚から患部へと浸透し、炎症を引き起こすプロスタグランジンの生成を阻む役割があります。

3→ フェルビナクに殺菌作用はありません。

4→ 非ステロイド性抗炎症成分として配合されます。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
4が正解です。

a.フェルビナクやインドメタシンときたら
 基本湿布薬です。
 この2種類は市販されている湿布のほとんどを占めます。
 しっかり覚えておきましょう。

b.骨格筋や関節部まで浸透してプロスタグランジンの産生を抑える作用を示します。
2週間以上の使用や、15歳未満の使用は禁止(インドメタシンは11歳)です。

c.フェルビナクは非ステロイドで殺菌作用はありません。
 プレドニゾロンあたりになると、
 免疫が下がるので殺菌どころか悪化します。
 水虫、たむし、化膿部位にも使用不可です。

d.抗ヒスタミン成分ではありません。
 喘息をおこしたことがある方には禁止です。
 これは絶対です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。