過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第26899問」を出題

問題

[ 設定等 ]
滋養強壮保健薬に配合されるビタミン成分に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。


a  ビタミンAは、赤血球の形成を助け、また、神経機能を正常に保つために重要な栄養素である。

b  ビタミンB6は、体内の脂質を酸化から守り、細胞の活動を助ける栄養素であり、血流を改善させる作用もある。

c  ビタミンDは、腸管でのカルシウム吸収及び尿細管でのカルシウムの再吸収を促して、骨の形成を助ける栄養素である。

d  ビタミンB2は、脂質の代謝に関与し、皮膚や粘膜の機能を正常に保つために重要な栄養素である。
   1 .
(a 、b)
   2 .
(a 、d)
   3 .
(b 、c)
   4 .
(c 、d)
( 登録販売者試験 平成26年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
16
評価しない
滋養強壮保健薬に配合されるビタミン成分について、
・ビタミンAは、夜間視力を維持したり、皮膚や粘膜の機能を正常に保つために重要な栄養素です。
・ビタミンB6は、タンパク質の代謝に関与し、皮膚や粘膜の健康維持、神経機能の維持に働く作用もあります。
・ビタミンDは、腸管でのカルシウム吸収及び尿細管でのカルシウムの再吸収を促して、骨の形成を助ける栄養素です。
・ビタミンB2は、脂質の代謝に関与し、皮膚や粘膜の機能を正常に保つために重要な栄養素です。
となります。

よって、
aは「赤血球の形成を助け、また、神経機能を正常に保つ」が「夜間視力を維持したり、皮膚や粘膜の機能を正常に保つ」となり間違い。
bは「体内の脂質を酸化から守り、細胞の活動を助ける栄養素であり、血流を改善させる」が「タンパク質の代謝に関与し、皮膚や粘膜の健康維持、神経機能の維持に働く」となり間違い。
cは問題文の通りなので正しい。
dも問題文の通りなので正しい。
となるので、4の組み合わせが正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
a.ビタミンAは、夜間視力を維持したり、皮膚や粘膜の機能を正常に保つために重要な栄養素です。
b.ビタミンB6は、タンパク質の代謝に関与し、皮膚や粘膜の健康維持、神経機能の維持に重要な栄養素です。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
4が正解です。

a.誤:ビタミンA(レチノール)は夜間視力の維持や皮膚粘膜の機能を保ちます。子供向けで肝油が有名です。摂りすぎてはいけません。

b.誤:ビタミンB6(ピリドキシン)はたんぱく質の代謝に関与しており、
 皮膚粘膜の健康維持、神経機能の維持の働きもあります。

c.正:正しい記述です。ちなみにビタミンD(カルシフェロールに関しては、日光に当たることで体内で生成されます。

d.正:正しい記述です。ビタミンB2(リボフラビン)は尿を黄色くします。
他にビタミンC(アスコルビン酸)やビタミンE(トコフェロール)の
働きも当然のように出題されます。
確実に押さえておきましょう。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。