過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第26901問」を出題

問題

[ 設定等 ]
衛生害虫の防除に関する記述について、誤っているものはどれか。
   1 .
ゴキブリの卵は医薬品の成分が浸透しやすい殻で覆われているため、燻蒸処理を一度行えば十分な殺虫効果が期待できる。
   2 .
トコジラミは、体長が比較的大きい(成虫で約8mm)ので、電気掃除機で吸引することによる駆除も可能である。
   3 .
屋内塵性ダニは、一定程度まで生息数を抑えれば保健衛生上の害は生じないので、増殖させないということを基本に防除が行われることが重要である。
   4 .
ハエの防除の基本は、ウジの防除であり、ウジの防除法としては、通常、有機リン系殺虫成分が配合された殺虫剤が用いられる。
( 登録販売者試験 平成26年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
10
評価しない
a.ゴキブリの卵は医薬品の成分が浸透しない殻で覆われているため、3週間ほど期間を空けてもう一度燻蒸処理を行い、ふ化した幼虫を駆除する必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
衛生害虫の防除について、
・ゴキブリの卵は、卵の殻には医薬品が浸透しない為、燻蒸処理は3週間後にもう一度処理を行い、孵化した幼虫を駆除します。
・トコジラミは、体長が比較的大きい(成虫で約8mm)ので、電気掃除機で吸引することによる駆除も可能です。
・屋内塵性ダニは、一定程度まで生息数を抑えれば保健衛生上の害は生じないので、増殖させないということを基本に防除が行われることが重要です。
・ハエの防除の基本は、ウジの防除であり、ウジの防除法としては、通常、有機リン系殺虫成分が配合された殺虫剤が用いられます。
となります。

よって、
1は「医薬品の成分が浸透しやすい殻で覆われているため、燻蒸処理を一度行えば十分な殺虫効果が期待できる」が「卵の殻には医薬品が浸透しない為、燻蒸処理は3週間後にもう一度処理を行い、孵化した幼虫を駆除する」となり間違い。
2は問題文の通りなので正しい。
3も問題文の通りなので正しい。
4も問題文の通りなので正しい。
となるので、1が正解です。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1が正解です。

a.燻煙剤を使う際は、卵には全く効かないので
 3週間ほどしてもう一度使用します。
 しっかり覚えておきましょう。

b.正しい記述です。
 トコジラミはシラミではなく、カメムシの属虫です。
 刺されると激しいかゆみが出ます。

c.正しい記述です。
 大量発生時に人を刺しますので、ダニ除けシートや
 部屋の温度を下げたり、布団を干したり、
 いろいろ対応策はあります。

d.正しい記述です。
 ハチやドクガ、ドクグモ、サソリ等は衛生害虫ではありません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。